構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年05月27日 (水) | 編集 |
前回までのあらすじ (とにかく嘘です)

マリリンから仕掛けられた「たぬき汁」対決に
女神ミーケとうしくんは苦境に立たされていた。

「おれの知っているローズマリーではだめだ。」
「私はおばはんではないわ。」

刻々とタイムリミットが迫るその時
次元の扉を開いて
白い虎の戦士がこつぜんと現れたのだった。


とら

毎度ーっ、お世話になりまーす。トラやでーす。


うしくん、どうなさったね。

じ、じつは虎の兄さん、たぬき汁はどうやれば

うしくん、それをあっしにお聞きなさるんですかい?

ううっそれは。


とらうし

まぁお座りなせぇ。
料理というものはねぇ
足し算ばかりじゃありませんぜぇ。

足し算?

和食は引き算の料理とも申しますねぇ。


うしとら

そ、そうか。
強い香りに対して強い香りで対抗しても
料理としては未完成なんだっ。

虎の兄さんありがとうっ。


うしし

ほぉぅっ、少しは何か思いついたようだのぉ。

どれどれうしくんの答えを食してみるか。
ふむふむ、なるほどなるほど。
やはりこれを使ってきおったか。


うしくん、うしくん何て格好してるの

たぬきくう

狸の臭みをおさえながらも
その肉のうまみを最大限に引き出すこの刺激

おおっ、ローズマリーたる鮮烈な香りも後から追いかけてくるわいっ。
よくぞこれにたどり着いたものよぉっ。

うんっ?違う、違うぞっ。
これは私の思っているローズマリーではない。
これは何だ?
このミントのごとき清涼感は?

お、おのれぇ、この狸原猫山を試すかぁ。


とらうしし

アープだ。
マイナス21度まで最低気温に耐えるその体には
他のローズマリーにはない清涼感があるのだ。

一口噛んだとたんに口に広がるさわやかな香りが
その後から来る肉のうまみをより強調するのだ。
まさに狸のためのローズマリー
常緑の貴婦人、アープの登場だぁっ。


嘘ですから本気にしないように

ふくろねこ

おおーっ、アープかぁっ。
何という屈辱
このマリリン、初めて他人に屈したわ。


猫だろが

うしくん、君の勝ちだ。
たぬき汁の極意はここにあったわ。


アープ

うしくん、あなたの勝ちね。

いや、虎の兄さんが教えてくれた、おれはまだまだだ。

ひとつ教えて、最初の青魚に使ったローズマリーは何だったの?


みーけけ

んーっ、ごにょごにょ。

えっ、そんなことがあるの?


ゴールデンレイン

ゴールデンレイン、それもハウスもの。
柔らかな黄色の葉に
かんきつのごとき香りがうるわしい。

あぁっ、あなたはまぎれもないローズマリーソムリエよ。




あくまでも空想猫話ですから
本気にしないで下さいね。
ローズマリーをたらふく食ったことはほんとです。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
あははは。
とっってもおもしろく、読ませていただきました~。
ぜひ、続編も期待します。
次は、ローズマリー料理の定番、鶏肉でいかがでしょう?

私が通っているハーブ教室では、料理のスパイスとして使う場合、ローズマリー、タイム、セージの三つは、使う際十分量に気をつけるようにと、よく言われます。

いずれも、香りが独特なので、入れすぎると素材の良さを消してしまったり、ブーケガルニでダシをとる時でさえ、この3つを同時に入れない方が、無難と言われます。
ま、私は、タイムとローズマリーは入れちゃいますが(笑)

(私は同じ条件で育てた、マジョルカよりも、マリンブルーの方がクセがない分、使いやすいです。市販の塩コショウと一緒にまぶしたり、オイルにつけて鶏肉を焼くと美味♪魚は一度も試したことがありませぬ。。)

多分、ローズマリーを味わうというより、素材のクサミなどを取るという点が重要なのかなぁと、思ったりして。

そうそう。
期待のアープ君を道内で調べてみたら。。。
札幌よりも南の千歳のハーブ農家さんでも、地植えでの越冬が何度試してもダメだったそうです。。

ー20度の道東でも、成功例は残念ながら、知ってる限りゼロです。。
ちなみに、札幌は-12度くらい。
冬までに強い株にし、冬囲いなどを工夫すると何とかなるかなぁ。。。なーんて思ったりしています。。

いろいろ条件が難しいですね。。
ただ寒いなら良くって、冷たさに弱いのかなぁ。。。
ん~。やっぱり手がかかりそうで可愛い~♪
でも、やってみたいです。。

2009/05/28(Thu) 15:50 | URL  | ローズmaria #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック