構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年02月27日 (金) | 編集 |
2015年2月末でございます。
ここまで読んで
「ははん、ということはやな」と
あることに気付く
誰かがいるかもしれない

「それではあれやな」
秋挿しを節間挿しでやって
加温栽培で育てると

同じことができるのと違うかなと
誰かの頭脳が
パパッとひらめくことでしょう。

これは半分だけ正しい
残りの半分は
冬場の日照不足と
15℃前後の一定の気温が
病気と徒長、軟化を呼ぶので

もしも側枝がちゃんと伸びても
水やりの時に
その重みで枝が折れる
というか枝がもげる

やはり真冬はジッと我慢
硬い細胞、硬い枝を作る必要があるのでございます。

それでは春に
節間挿しをやって
真夏の高温と日射を制御すれば
同じ事ができるのではないか

これもまた半分だけ正解
まず
春は挿し穂が取れない
そんなに長い節間は無いのですわ

あるのは
冬にジッと我慢して短く硬い芽
その下の節間はさらに短い

それを何とか挿し木にして
成功したとする

そして鉢上げしたら
やってくるのは夏ですわ

短い節間のままでは
高温多湿には耐えられない
まして
柔らかい枝がひょろひょろ伸びた頃
ダニも来るし
いも虫も来る

ということで
やはり真冬に挿し木というのが正解となります。

それでは
教科書通りに
真冬に加温して挿し木をする
それを加温して栽培すると
節間挿しは成功するのか

残念ながら
それもまた疫病とダニと徒長
これらと全力で戦うことになりまして

私にはもう無理ですわ
農薬撒布が続く日々
それで止まれば良いのでが
今度は農薬の酸性が
ラベンダーの葉を傷めるのです。

葉の先が
どんどん枯れるのは
葉の表面が痛むのは
冬なので
水やりの回数が少ないのに
農薬散布の回数は多い

定期的に酸性雨が
ラベンダーに降り注ぐと
いうことになるのです。

上記のことは
とりあえず経験済みなので
何も隠さず
そのまま書けるのですが

ここから先は
今からやろうとしていること

この「節間挿し」は
なかなか良いらしい

らしいけれど
私にはもう分かっていることがあります
それは
天芽が優先ということ

どんなに均一に8本の枝があったとしても
いちばん上が最優先なのは
絶対に間違いなし

これを人の力で制御するのですわ
あぁ、楽しみなことや

何か作戦は
あるのかというと

これがあるのですわ
ちょっと時間はかかるけれど
やるべきことはあるのでござます、おぅっ。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

いよいよ
わけが分からなくなってきたことでしょう
こうやって
時系列で整理すると
ははんとなりますが
私はリアルタイムで
すべての失敗を重ねて来ました
なかなか
きつかったですわ、うん
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
それ教えて下さい!
これ このページすごく自分には超重要です
疫病とダニは消石灰というキャプテンの言葉が どうしてこのページに出てこないんですか?
もしかしたら自分は大変な無知で暴走しはじめているかもしりません
実はおかむらさき20挿し穂、一昨日 消石灰をふりまくりました
お願いします。
2015/02/28(Sat) 06:01 | URL  | りぃる #z4Bz0s4k[ 編集]
Re: それ教えて下さい!
ようこそりぃるさま

今回はパーライトだけで挿しております
パーライトは
石を焼いて作ったもので
PHは7、もしくは弱アルカリ

この挿し木土に
石灰は必要ないのですわ

石灰使用は
この後に鉢上げしてからのこと

そう言うことでございます。
2015/03/02(Mon) 19:47 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック