構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2015年04月27日 (月) | 編集 |
2015年4月26日でございます。
実家の休耕田おかむらさき
いよいよ
全株の補植を開始

そして
冬からずーっと考えていたことを
始めます。



つつじの季節
おかむらさきも新芽を伸ばす




これは
実家の庭から見た風景

今は無き祖母が植えたらしい
今では人よりも背の高いツツジ達




さらには
黄色もあります

そんな風景の中で



いよいよ
植え替えを始めましょう。

今度はやることが多い
というか
試すことが多いのですわ



まず
高分子ポリマー
吸収する水の量、50倍
ウォーターワークス
今度は本気で使います。



大豆の根粒菌+レンゲの根っこの土



2週間前に
黒大豆後の土に
仮植えしてみたおかむらさき、ヤマト組数株



そして
今回は土も入れ替える



もちろん
その他の株は
ぐんぐん育っております。

朝の5時から草刈りをして
空いた時間で植え替える

約40株を植えましたわ
草刈りしながら
頭の中でイメージトレーニング
後はやるだけのこと



よしっ、行こうか

つづく






にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

かつて
自信を持って植えた土
あらためて掘り返すと
「ほう、なるほどのぉ」

今やっていることが正しいとは限らない
けれど
今までのことは間違いであった

それを正す
ついでにいろいろ加える

答えは枯れたら出る
枯れなければ正解かも知れない

もっとよい答えがあるかも知れない
あぁ、楽しいこと
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック