構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年05月31日 (日) | 編集 |
6月が来てそこらじゅうの
イングリッシュラベンダーが次々と咲きます。

大鉢だろうが9㌢ポットだろうが
遠慮なく咲いてくれます。

こんなに伸びてこんなに暑いと
すぐに水が切れそうでしょう?

でも、ここで前にぶっかけた海水の
何かが効いているようで花穂はピンなのです。


ポット咲き
ポットはな

えーっと
ちゃんと育てていなければどうなるのでしょうねぇ。

毎年、春先にきちんと適量の肥料をやって
水を切らさぬよう、過湿にならぬよう管理して
秋か冬と花後には、きちんとせん定をして

めんどくさいからやめちゃったら
どうなるんでしょうね。


ほったらかし

おたぬきさまの言うとおり
母の日の残り物をそこらへんの土に植えて
石灰ふって外にほおり出しておく栽培方法です。

とにかく存在すら忘れていた、何年も前のことなので
どんなことしたかも思い出せません。

たぶん何もしなかったんでしょうがね。
水だけは隣の苗にかけたのが
偶然にもかかっていたようです。


ほったらかし2

肥料も石灰もやらずに
花は初夏に適当にぶった切っただけの
(水やりにじゃまだから)

草も抜いたことのない
もちろん植え替えもしない
名前も知らないイングリッシュラベンダーは


新芽

それなりに毎年咲くんですねぇ。

これだからラベンダーはおもしろくて
やめられません。
まだまだ秘密がありそうです。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
この子達、すごいですねぇ♪

順応性があるというか、環境に慣れたということなんでしょうか。。

えへへ。何か嬉しいです。
2009/05/31(Sun) 12:18 | URL  | ローズmaria #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック