構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年05月11日 (月) | 編集 |
2015年5月11日でございます
カメラが無い

それでも花穂は伸びる
正確には
花穂の茎が伸びる

花穂はまだチビっ子
まず伸びるのは茎から

そして
茎が伸びる時に
チッソが効いていると
ビュンと伸びる

水が切れる

茎が曲がる
グネグネと曲がり
元には戻らない

これが
無チッソだと
少しずつ伸びる

水が切れる

花穂が垂れる
夜が来る
朝が来る

朝露を吸って
花穂は立つ、再び立ち上がる
グネグネと曲がらないで
まっすぐに立つ

野に咲く花は
その茎が曲がらない

野に咲く花は
チッソをもらえない

ここから
6月まで
少しずつ花穂は伸びて

硬い茎に硬い花が咲く

硬い茎に
むらさきの花が咲く
濃いむらさきの花
そして
おかむらさきの香り

今現在の私に
解かっているのはここまで

今年はここから先を
見ることが出来るかも知れない

おぅ、楽しみなことでございます。



つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

おかむらさきに
大きな花穂がつくと楽しい

ような気がするけれど
その花穂は必ず曲がり、垂れて咲く

たくさんの小さな花穂
直立するたくさんの花穂

曲がらない花穂
その色もまた然り

うーん
もうひと月ほど
お待ち下さいませ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック