構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年06月08日 (月) | 編集 |


72時間前に
箱詰めして自動車の後部へ置き

ま昼もそのまま放置して
岡山から香川へ
香川から岡山へ

およそ100キロほど移動してみましたわ。

何をしているのかというと
配送中のの振動で
花穂が落ちてしまわないのか

それを調べておるのです。



それでは
72時間後のおかむらさき

これだけの時間があれば
ここ岡山発ならば
関東から九州まで
宅急便は届きます。



袋の中には水滴が
ついている

ここまでは
箱詰め試験と同じ




コーヒーフィルターの帽子を取ると



ほぅ
花穂は萎れていないようです



蕾だった花穂も
ちょっとだけ咲いたようです

これも
前回と同じやな



それでは振動試験の結果

これだけでしたわ
72時間経過して
100キロ振動して

落ちた花穂はこれだけでした。



ほぅほぅ
全体の5%というところかな

これなら行けるかも知れない
何でも
やってみるもんやなぁ



それでは
こうして誰かの元へ
おかむらさきの花穂が到着したと仮定して

今度はそれを
またまた
クリザール50倍液で
水切りしてみました。

これで何日
このまま花が保てるものか

おそらくは
咲いてからの時間が早いほど

花びらが萎れることは無いはず

だから
今年は咲いたらすぐに
箱詰めして発送したら

届いた場所で
長い時間
楽しめるんやないかなぁと
いろいろやっておるのでございます。



それでは
実際の発送形態へ

いろいろと試すことにしましょうか

まずは
新しく咲いたばかりの
おかむらさきの花穂を

50本ほど切ってクリザール50倍液処理

この工程は
まるであれやな

マグロの一本釣り
テレビで見たけれど
釣ったらすぐに処理する

時間との勝負
鮮度が落ちない技術
私もそれが欲しいのぉ



それでは
最終発送形態

この花穂を
濡れたコーヒーフィルターで包んで

箱詰発送したら
何とかならんかなぁ

もちろん
50本くらいでは
何にも出来ないので
ひと箱に
300~500本を予定しております。



今年は「試験」

どなたでもよろし
おかむらさきの切り花が
欲しい誰かを探しています

条件は
到着後の状態を知らせていただくこと

枯れていたとか
萎れていたとか
腐っていたとか
横転してぐちゃぐちゃだったとか
それを教えてもらいたいのです。

それから
一度に送る花穂の量は
箱いっぱい分

数える時間が無い
クリザール処理に時間がかかるので
たくさんの人には送れない

数株分を
バッサリ切って
ササッと処理して箱詰めする



花穂を立てて送ると
ストレスが抑えられるので
少しは長持ちすることでしょう

ホウレンソウ、小松菜
アスパラガスなどは
こうやって発送されております。

それでは
ここまでお読みいただいきまして

おかむらさきの切り花が
欲しいなぁと思ったあなた

コメントでも
メールでも
どうぞ
教えて下さいませ

300本のおかむらさきが
咲いたばかりでそのまま
発送されてきます

さて
いくらならお買い上げでしょうか?

摘み取りなら
一本10円かな

そんなに高くはしないのがよろし

まずは一本5円くらいか
それと送料が1600円くらいかな

うーん
道の駅で売るというのも
なかなかええんやないかなぁ

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

試行錯誤
恐ろしいけれど
やってみなければ分からない

今年は試験
それでも
おかむらさきの花穂のすべてを
実験に使用するというのは

なかなか勇気がいる
ぜんぶ無駄にする覚悟が必要

何も得られないかも知れない
それでも
何もしないよりは良し

無謀である
それでも前を向いておこう
誰かの明日が
そこに
あるのかも知れないから
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック