構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年06月09日 (火) | 編集 |


おかむらさきの切り花試験
96時間後でございます。

ちょっと思いついたことがあって
袋を閉じたまま
放置してみました。



コーヒーフィルターだけ外して
湿度を保ったまま

室温に置く
ハウスの室温だけれど
雨が降るので30℃以下
日差しも無いので
普通の民家の室温くらいかな





96時間後
開けてみましたわ

やっぱりなぁ
花びらが萎れていない

ついでに
蕾が咲いている

密閉空間
保湿
そして
湿度を保ちつつの高温管理

花は咲く

といことは
蕾を摘んで送り
密閉空間で湿度を保ち
30℃くらいの温度下に置けば

到着先で
開花するということなのか
ふーん
面白いやないの



どうしてこんなことを
思い付いたかというと

前回の箱詰め試験の
おかむらさきの花穂を

室温で切り戻してみたら
あっという間に萎れてしまったからなのですわ

当日は風の強い晴れ
やはり
湿度の問題やなぁ

よーく覚えておこう



庭先おかむらさきも
そろそろ終わり



ほら
これと同じですわ

1週間ほどの時間が経過すると
花びらが白く変色する

茎を切断すると
鼻の寿命が半分になるらしい

それでは
96時間後も
このまま様子を見ることにして

本日も
おかむらさきの切り花が
欲しい人を募集します。

こむずかし話は無しで
箱いっぱいのおかむらさきの切り花を
(3株ほどのすべての花、300~500本)

宅急便で受け取って

その中に入っている
現金書留の封筒に
3000円を入れて
私のところにに送ってくれる
誰かを
探しています。

今年は試験なので
さまざまなクレームがあると思いますが

それでも良ければ
お手伝い下さい

まったく使いものにならなかったら
どういう状態で届いたのかを
ご連絡下されば
失敗の「授業料」として
代金の請求はいたしませんので。



つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今年はどうやら
ラベンダーにとっては
とても良い気候らしいのですわ

暑くない
雨も降る
虫が少ない
ダニも少ないようだ

花咲く頃なのに湿度も高い
カラカラの花にならない

さて
答えを出そうか
探そうか
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック