構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年06月10日 (水) | 編集 |
花穂を切ってから5日目
袋に入れたままにしていたら
あることに気付きましたわ



本日は最高気温が高いので
ちょっとだけ
口を開けております



それでも室温のまま
冷蔵はしていない



それでも
中はこう

昨日よりも咲いた
そして
最初の花が白くなりつつある

それでも
花びらは萎れていない



そして花穂は落ちる
枯れた花も
蕾のままも
水が切れた順番に落ちるらしい



高分子ポリマーの水も
半分というところかな

吸い上げて蒸散して
袋の中の湿度を保っているらしい



ということで
それ以前のおかむらさきは
もうすっかり萎れてしまったので



今度は乾燥開始

いつもの風景
いつもの乾いたおかむらさきの花穂

なるほど
ここから始めても
いつもの「おかむらさきの花穂」は
収穫できるんやな

そして
今回新しく
発見したというか

本当に
それを実行する方法が
存在したんやなぁということを
ご報告します。

それは
「香り」の保存
香りを蓄えて
それを嗅ぐ方法が
あるということですわ

ラベンダーの香りを集約する
袋の中にたくさん溜める
そして
袋を開けると

花穂を潰さなくても
あの「おかむらさきの香り」が
鼻孔をくすぐるのです

さらには
この5i日間
ずーっと観察するために
開けたり閉めたりしていたら

その度に
おかむらさきの香りが
袋の中に溜まっている

一瞬だけの
おかむらさきの花の香り

それがもう5日間
続いているのですわ

何でも
やってみるもんやなぁ



それでは
その休耕田の
「おかむらさきの切り花」は

現在どうなっているのか



2015年6月7日現在
一分咲き



これを切って
発送します。

よほど私は怪しいのでしょう

まだ
どなたからも
メール、コメントがありませんわ

それでも懲りずに
お待ちしております。

ひとつよろしく

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

香りというものは
文章では表現できない

私の世代のお人なら
もしかしたら分かるかも知れない

この香りとは
小説「時をかける少女」の中で
タイムスリップする時の
その「香り」である
私は勝手にそう信じておりますわ

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
こんばんは。いつも、興味深く記事を読ませていただいております。
私は、愛知県刈谷市で10年ぶりにラベンダー栽培に復活した、53才のおっさんです。
今後とも、よろしくお願いいたします。
今回の、花穂の発送の件、とても面白そうです。
是非、参加させて下さい。
住所は、ここに書くとあれですので、お手数ですが、まだ数に余りがあるようでしたら直接メールで、お伝えしたいと思います。
土曜日の、実験室の体験をしてみたいです。

PS
先日、メールホームでメールをおくりましたが、届いてなかったでしょうか?
是非、苗も希望したいです。
2015/06/10(Wed) 21:20 | URL  | のんべえ #-[ 編集]
Re: こんばんは
ようこそのんべぇさま

突然のお願いに
快くお答えいただき
ありがとうございます。

誰からも依頼が無かったら
どうしようかと思っておりましたわ

メールフォームを
確認しましたが
どうやら届いておりませんでした
お手間を取らせますが
もう一度お願いします。

株たちも
全部揃っております

花が終わったらせん定しますので
秋の初めに植えるとよろしいかと

最近は
コメント、メールが少ないので
いつでも何でも
ご相談に乗らせていただきます。
2015/06/11(Thu) 21:13 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
こんばんは。
メール送りました。届きましたか?
もし、届いてないようでしたら、こちらに書きます。
下の、「管理者にだけ表紙を許可」をチェックすれば、いいのでしょうか?
2015/06/11(Thu) 21:45 | URL  | のんべえ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそのんべぇさま

メールが届きました
ありがとうございます。

これで
今年の花穂を切る理由が出来ましたわ

今年は試験
つぼみでも満開でも
全部試そう

やれば分かるさ
2015/06/12(Fri) 19:52 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
よろしくお願いします
楽しみに、待ってます。
届いたら、ここにレポートします。
2015/06/12(Fri) 20:30 | URL  | のんべえ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック