構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2015年08月17日 (月) | 編集 |
まず
無理なことは無理

そちらの方向へ行っても
必ず行き詰まる



ここは
何も恥ずかしいことは無い
とっとと
方向転換するのですわ

今までやってきたことは
来年のための「せん定」

ところが
それをやっても
ひと月も維持できないで枯らす

ということは
この方法は間違いである



この
枝の数を制限して
その長さを20センチとする方法は

枯れる場合があるのです。

だから
ある条件下の場合
それは間違いであると
開き直りますわ。



しかし
同時に「これ」も存在する



やったことは同じ
時間差はあるけれど
方法は同じ

ということで
ここで頭を切り替える

よしよし
方法は一つではない
たくさんの可能性があると
いうことが分かった

では
それを使おう

せん定の方法は
ひとつでは無いのだから
思い付く限りの方法を
全部試そう

まずは
今までよりも3週間早くせん定する

そして
せん定できなかった株は
切らないで待つ

ひとつめはここから



どうしてそれが
分かったのかというと

このナンバー95をせん定し忘れたら

数週間後には
これが一番良い株となったのです。

ひとつめのせん定ルール
「切らないというせん定もある」



そして
二つ目

あることをしたら
中央部に新芽がたくさん出る

その方法とは…


つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック