構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年10月13日 (火) | 編集 |


これだけ切っても
枯れた理由は分からない

下に見えるのが
切った枝と根たち



根元まで切ったけれど
腐った根は無かった



ふーん

ということは
これは
溺れた直後か
それとも
別の理由か

+

もっと切ると
何か見えるのかも知れない



今度は茎を切る

ほぅ
こちらも腐った気配は無し



よしよしそれでは
一番下を切ってみた



年輪が見える
普通の樹木やな



上も下も
腐った場所は無し



さらにその下を切った



うーん
もしかしたら
この中が怪しいのでは無いのか



それではと
縦に切ってみた



やっぱり
どこも
腐った気配は無い



もう切る場所がありませんわ

おかむらさきが枯れる理由
真夏の乾燥以外で予想されること

これだけ切って分かったことは
何もありませんでしたが

病気と害虫では無かった
それだけは実証されましたわ

それでは他の理由を考えましょう



実際には
こんな株がたくさん残っている




そこで今度は
枯れた株を全部掘ってみた

その数29株
全部掘って
全部カメラに収めてみた


全部並べて
観察してみたら…

つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック