構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年12月05日 (土) | 編集 |
本日は
おかむらさきのお話ではありません
私が本日体験した
とある出来事でございます。

2015年12月5日の午後5時半頃
「よーし、今日はお好み焼きで
ビールを飲もう」

ということで
農場からの帰りに
とあるスーパーで
それを買って
(その他にもいろいろ買って)

駐車場に戻る

私は
ものすごく変わっているので
一番遠い場所に
自動車を駐車するのですわ

そして
とにかく歩く
ちょっとでも代謝をする
酒飲みは
とにかく動け
でないと太るのみだから


自分の車に近づくと
(当然のように駐車場の奥、道路に近い場所)

駐車場から出る車が
渋滞している
「うん、何や」
そこは左側だけに出ることが出来る
一方通行の3車線

よくよく見ると
その先端の自動車は
右のウインカーを出している

後続の自動車は
数分我慢しているようだ

「うわっ、これはまずい」
逆走のパターンやないか

私が
自分の自動車のドアを開けた
その瞬間

その先端の自動車は
反対車線の一番内側に
飛び出したのでございます。

「逆走ーっ、止めろーっ」
時間は午後5時半過ぎ
すっかり暗い
本線は3車線全部にライト
走っている自動車は多い

こちらに向かってくるライトが
何も知らないま
逆走する自動車を照らす

先端の車が
大きくクラクションを鳴らす
よけた、当たっていない

「もう、行くしかない」
私は扉を閉める前に
その3車線に飛び出し

向かってくるライトに
両手を振る

「逆走ー、危なーい」

ふと見るに
その逆走車は
止まりかけている

「間違っているのが
分かっているのか」

すばやく
近寄って窓を叩く
「逆走や、止まれ」

お年寄りが
不思議な顔をしている
「まずい、とにかく危険の無い場所へ
誘導や」

幸いにも
この駐車場には
同じ車線上に
入口があった

次に向かってくるライト群は
ちょっと遠い

中央分離帯近くで
逆走車は止まっている

「えぇいっ、今じゃぁっ」

窓ガラスを叩く
「ここは危ないから
とにかく駐車場へ入りましょう」

白いジャンパーは着ているけれど
発光するものは何も持っていない

けれど
スーパーの電燈はある
時間は無い

3車線のど真ん中で
迫るライト群に
大きく手を振って暴れる

「見えていなければそれまでのこと
行けっ」

お年寄りの自動車を
駐車場に誘導する
3車線を横切れた
よしっ

すっかりおびえているその人に
何を語ろう

「道を間違えましたか」
「はい、○○へ行くつもりが
同じスーパーの看板だったので」

それは
数キロ先の店のお話し
そしてもう暗い

ここは
国家公務員にお願いしますわ

110番
何というても慣れておる

そういえば
前の冬には
迷子のご老人を
保護して警察を呼んだっけ

今回も
人助けや
待とう

土曜の夜は
警察も忙しい
なかなか来ないけれど
それは経験済み
待てば絶対に来る

「帰り道を教えてくれれば帰ります」
そろそろ言うて来る頃やなと
思っていたら
このお年寄りも
やっぱりそう来た

「いやいや、もう暗いので
道案内を呼びましたから
ちょっとだけお待ちください」

警察呼んだと言うたら
どこかへ行くかも知れないし
「一緒に居ますから早く来てください」と
電話したので
ここは譲れないのですわ

かくして
パトカーは静かに登場し
私は事情説明と
名前と住所、連絡先を伝え

何も事故の無かった
小一時間を託すのでございました。

「誰も死ななかった、よしよし」

人は誰も歳を取る
人は誰も間違う
それを憂うことは無い

誰かがそれを補う
人を助けるのに
いちいち理由は必要ない

若い頃は
理屈が必要かもしれん
しかし、50を過ぎたら
飛び込んで行け

経験値は
そんなに間違ってはいない
人を助けられるということは
自分史の中では
すごく貴重なこと

きらきらと輝く自分とは
今そこにしか無いのである

私は今夜
勝手に良い気分で
ほろ酔っております

「後悔しない、やれることはやったで」

明日になれば
全部忘れる

それは
突然舞い降りる
ある日の情景

ビールの泡に消えて行く
焼酎のほろ酔いに消えて行く

「うーん、今日も疲れたわい」

とある日の
何でもない情景でございます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぐっと来ました!
こんばんは。

>若い頃は
>理屈が必要かもしれん
>しかし、50を過ぎたら
>飛び込んで行け

非常に共感しました!

世間では、若い頃は理屈抜きに飛び込んでいけとか言いますが、
全然あてずっぽうで大やけどすることもあるでしょう。
それが良い経験になることも当然あるけれど、
トラウマになることも…。

>経験値は
>そんなに間違ってはいない

だから50過ぎてこそ、飛び込める。
私も母の介護に飛び込み中です。
元気もらいました。ありがとうございました!
2015/12/06(Sun) 02:32 | URL  | meryem #-[ 編集]
Re: ぐっと来ました!
ようこそmeryemさま

この歳になると
「ははん、ここはよく考える場面やな」
「おぅっ、ここはさっさとやった方が簡単や」
というようなことが
分かってくるようですわ。

もう人生を半分以上生きた
大間違いはしなかったらしい
だから
ここから先は
やれることはやる
大丈夫
自分から飛び込んでいけば
やる気が違います

人に言われていやいやするのも
自分から飛び込んで
いろいろと考えてするのも
やることは
結局同じですから

応援しております


2015/12/07(Mon) 20:04 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
とにかく大事故にならなくて良かったです。
ご無事でなにより。
特に田舎は車が必須アイテムですから
高齢者も車の運転しますよね。
ひやひやすることが多々あります。
私もそろそろ気をつけないと・・・(汗)
2015/12/09(Wed) 00:57 | URL  | 花売り娘 #oyjWsnI.[ 編集]
Re: タイトルなし
お久しぶりです花売り娘様

逆走車を見たのは久しぶりだったのですが
昔の逆走は
暴走族が危ないと知っていて
わざとやっていた

最近のは
普通に突然逆走を始める
こちらの方が恐ろしいですわ

3車線で
どの線にも自動車が走っていると
正面から突っ込んでこられたら
逃げ場か無い

もしも
そんな場面に遭遇したら
どうしようかと考えるに

最悪の場合は
ハンドルを半分切って
自分の車の角で
相手の車を受けるしかないなぁ

そんなことが起こりませんように


2015/12/09(Wed) 21:00 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック