構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年12月21日 (月) | 編集 |
2015年12月20日でございます。

またまた
やってしまった
三週間前のこと
カメラを向けた瞬間に
「電池切れ」

何も写せなかった

今回は…



霜が降りて
白くなった休耕田を
朝早くにカシャッ
すぐに「ビビッ」

うわっ、またやった
充電切れ、電池が無い

ということで
これ一枚だけで
お話は続くのでございます。

まずは
6週間経過の
露地挿しおかむらさき密閉組



これは11月15日の写真

これから6週間後の現在は
どうなっているのか

恐る恐る開けてみたら
何も変化無しでしたわ

3週間ほったらかしで
水もかけていない

それでも
ほぼこの時のまま
葉が少し黄色くなった場所もあるけれど

水は切れていない
しおれていない
カビも生えていない
腐ってもいない

「ほう、これはこのまま越冬かな」

今年は雨の降る冬
何年か前に調べた
フランスの冬のようだ

冬に湿度がある
カラカラの空気では無い

おかむらさきは
一株も枯れない

こんな冬は知らないのです
あぁ、楽しいこと
そして

恐ろしいことでございます。
つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック