構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年01月07日 (木) | 編集 |
2016年1月7日でございます。
さぁ
今年も
6月のおかむらさき開花の話をしよう。



100円均一のダイソーさんで
和紙とはがき
両面テープを買ってきて



おかむらさきの花穂を
送る方法を試しております。

これは
先月の初めに作って
今まで放置していたもの

うーん
そんなに香りは飛ばないらしい



たくさんの花穂を詰めたら
盛り上がってしまう

これって郵便で送れるものなのか
もうちょっとジタバタしようかのぉ



構想としては
おかむらさきが咲いたら

すかさずハガキに詰めて
〈押し花、もしくは生のまま)
郵便で送る

受け取ったら
香りが飛ばないうちに
ハガキのまま
枕元に置いて眠る

よーく眠れる

おそらく
このハガキは
すぐには捨てられることは無い

この方法ならば
安くできるはず

さぁ
6月の話をしよう
今から考えていけば
その時には
良い方法が浮かんでいるかも知れない

どなたか
アイデアがあれば
いやいや
何もなくてもよいのです
コメントお待ちしております。

私はただ
こんなハガキが届けば
どうなのかなぁと
企んでおるだけでございます。

つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちわぁ~
このままでも送れると思いますが
雨に濡れるとか和紙が破れるということも考え
すっぽりと透明なビニール袋に入れて郵送のほうがいいと思います。
ダイレクトメールみたいな感じですね。
はがきではなくなってしまいますが。
香りのはがき、いいですね。
2016/01/08(Fri) 11:44 | URL  | 花売り娘 #oyjWsnI.[ 編集]
Re: タイトルなし

ようこそ花売り娘様
郵便物というのは
なかなか難しいようです

封筒を開いたら
両面がおかむらさきの花穂というのも
楽しそうですが
それはそれで
どうやって住所を書くんやというお話となって

やはりハガキを
封筒で送るというのが
無難でしょうねぇ
2016/01/11(Mon) 19:47 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
こんばんは、
濡れないためにはビニールの封筒がいいのでしょうが、
もし安く送りたいのなら
郵便書簡(ミニレター)に入れて送ることができないでしょうか?

郵便局で62円で買え
はがきの3倍のスペースを持った封筒兼用の便せんです。
表面には、はがきと同じように料額印面が印刷してあり写真、メモ等で薄い物は同封することができます。
重さが25gを超えると定形外郵便物の料金が適用となりますのでご注意ください。この場合、定形サイズの封筒のご利用をお勧めいたします。(郵便局のページより引用)

このおかむらさきを詰めたハガキが何gになるのか、
手元に花穂がないため重さがわからないのですが、
少量を送るのなら使えないでしょうか?

2016/01/11(Mon) 22:34 | URL  | おばっち #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそおばっちさま

よしよし
さすがに郵便には詳しいですなぁ

ミニレター仕様ならば
いろいろなことが出来そうです

貴重な情報
ありがとうございます

そして
初めての方でも
全然大丈夫ですから
何か良いヒント、アイデアを
お待ちしております、
ひとつよろしく
2016/01/13(Wed) 20:32 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック