構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年06月15日 (月) | 編集 |
6月14日
から梅雨の真っ只中です。

田んぼに水を入れながら
おかむらさきは今年も満開となりました。


満開

いろいろありましたが
何とかここまで来ました。
植え替えの初年度にしては
上出来のようです。


花穂

それでも
毎年毎年いろいろなことがあるものです。

今度はつくづく思い知らされました。
自然はお前が思っているほどは
甘くはないぞと
ラベンダーの鬼が笑いましたとさ。

長い話になりそうです。
しばらくお付き合い願いますねぇ。


まずは
いつものようにフェリーの窓から始めます。

今日は夏を告げる船が出ています。
御座船、観光船です。
瀬戸大橋まで行くのでしょうか。


ござぶね

遠い昔に乗りましたねぇ。
あの夏もビールがうまかったですねぇ。


ござぶね2

これは鉄鉱石を運んでいるんですかねぇ。
直島の沖に停まっています。


鉄鉱石

瀬戸内海は「から梅雨」の
むしむしした天気が続いています。
雨は今年もやっぱり降りません。

蜃気楼のように
島が浮かんで見えます。


煙る海

人が思うようには
自然は動いてはくれません。

人はただ
自然に合わせておかむらさきを育てるだけです。

この夏も
また私の知らない「新しい何か」が
始まっているようです。

それはハウスでやるのには
何でもないことで


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

同級生に
「今日咲くから明日来い」みたいな
無茶な招待状を出したら
11組も来てくれました。
ありがとうございます。
最後に来たCHIEKOさん
あなたが見たのが満開のようです。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック