構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2016年04月07日 (木) | 編集 |
4日でした
ミルで挽いて4日目

もう何も匂わない
茶色の粉となりました。



なるほど
三日間は匂っているので
おかむらさき初心者の人に

どういう「香り」なのかを
知らせる方法としては
有効のようですわ



まだまだ
こんなにあるので




是非とも
有効に使いたいものですわ



これをミルで挽けば
おかむらさきの
花穂を乾燥させて
10カ月経過した匂いは分かる

そして
10カ月前は
この10倍は匂う

今年はそれを
何とか流通させたいのですわ

そのためのサンプルとして
「これ」は使えるようだ


去年のこと
おかむらさきの花穂
「生の花穂」を送れるかどうか
試したのですが

可能だということが
分かったのですわ

それで今年は
こんなことを考えています

まず…

つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック