構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年06月10日 (金) | 編集 |
2016年6月10日でございます。
休耕田からベランダへ
今度は鉢植えおかむらさき

そして
最初から大苦戦

まずは
密閉挿しおかむらさきが
6月になってほぼ枯れる



理由は簡単
発根よりも蒸散が強い
吸い上げる水よりも
蒸発する水が多い

うーん
ひと月遅かった
今度は2月やなぁ

それでも



生き残った数株が
新しい時代を見せつけている

方法はある
私が知らないだけだと


それでは鉢植え編のスタート
まずはポット栽培とは何なのか?

今までの常識を全部
ひっくり返して
考えてみた



ポット栽培とは
植物の成長に最適な環境を
短時間と
簡素な作業で作ることのできる

「短期決戦」の栽培方法である

このまま数年を経過するということは
まず無い
植え替えが基本なのだ



それなのに
ラベンダーは樹木であるという
現実が存在する

ポット栽培をすると
2年は何とかなるけれど
それ以上は
土が洗い流されてしまう

そして
根がポットの中でぐるぐると回る
水分を求めて
水分からいちばん遠い場所へ
その根の先端が行ってしまう

0.1ミリにも満たないビニール
もしくはポリの厚さは

真夏の暑い外気の
乾燥と気温を
すべて吸収して
ラベンダーの給水能力を
低下させる

植木鉢でも大差は無い
外気温が高ければ
どれほど水を与えても
水は切れる

鉢を大きくする
日除けする
すると
今度は過湿との戦いだ
徒長が待っている



そこで
やったことのない方法だけを
試すことにしました

ますば
アメリカのローズマリー使いから
教わった「段ボール」栽培

これで外気から
どれほど乾燥と高温を
防げるものだろうか




そして
問題は「土」だろう

保水力のある
水はけのよい土
それを再考する

考え尽くしたはずのことが
再び
目の前に立つ

「そんな土は無い」
それが今までの答えだった

それではどうする
そうだ
考え方を変更すれば良し

「そんな土は無いのだ」
だったら
土は使わなければ良い
そもそも
土の定義とは何か?

水はけが良くて
保水性のある「もの」は
無いのか?



土を使わない
ラベンダーの鉢植え栽培

それは可能か不可能か
もちろん
やれば分かる

それでは
おかむらさき鉢植え編
スタートでございます。

次はその地面を…

つづく


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック