構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年06月15日 (水) | 編集 |
仮説を立てよう
鉢植えのラベンダーは
このままで良いはずがない

いつまでも
鉢植えは枯れるものだと
思われたくない

生産者としては
(最近は生産していないけれど)
ラベンダー使いとしては
「嫌」なのでございます。



ある方法では
それが可能だと分かりました。

鉢植えを
直接地面に置く
その根を
地中に伸ばしてもらう

その後は
露地栽培の延長
波板栽培の応用です。



ただし
この方法は「移動」が出来ない
地面の中の根が
鉢の中の根よりも増える

移動させると根が切れる
だから
庭のある人にしか使えないのですわ

これでは
ラベンダー使いとは言えない
ベランダでこその鉢植えだろう
と言うことで今回は
「それ」をやりましょう。



まずは土から再考する
畑の土であれ
田んぼの土であれ
ピートモスを配合した土であれ

すべての土は
変化するのですわ

時間の経過と共に
微生物が有機物を分解し
チッソは吸収され
根からの分泌物が溜まっていく
残るのは
無機物の固まりと
たくさんの根とその枯れたもの

一年後の鉢の中身は
そうなっています。

だから
植え替えが必要となる

すると
新しい有機物、肥料分、微生物群が
再びラベンダーに供給される



うーん、これは
間違いでは無いと思う
思うけれど
ラベンダーの鉢植えは
そんなにうまく育たない
ある日枯れる
突然枯れる
調子が良いと安心していたら
せん定したら枯れる
水が切れて枯れる
過湿で枯れる

これは何だろう?

私はラベンダーを
20年栽培しています。
しかし
最近になって
あることに気づきましたわ

教科書の一文
「ラベンダーは乾燥に強く
日本の梅雨の湿度や
真夏の暑さに弱い」

確かこんな感じて
書いてあるでしょう。

これって
「前文」が
抜けているのではないのか

仮説を立てよう

前文
北海道の気候で育てることに成功した
ラベンダーは
その栽培方法が全国に
そのままの方法で広がり
今日まで進化した

真冬の寒い時期に
暖房して
チッソ肥料を与え
春苗の販売に合わせるその方法は
今では常識となったが


その方法では
ラベンダーは乾燥には強くなくなる
そして
日本の梅雨の湿度や
真夏の暑さには弱い

ということでは無いのか

観察していると分かるのです
こんなことが普通にある



どしゃ降り梅雨の雨の中
挿し木苗のまま植えた
ちびっ子おかむらさきが

水浸しの休耕田で
花を咲かせ直立している

彼女は
最初から無肥料
最初から
西日本に合わせた栽培方法

もちろん
乾燥には強い

さぁ
仮説を立てよう

鉢植えおかむらさきを
最初から西日本に合わせた方法で
栽培すれば
乾燥に強く
突然枯れない「それ」になるのではないのか

まずは土から始めよう



いやいや
正確には「土」では無い
これはあの時のあれです。

越冬おかむらさき休耕田挿し木
パーライト4割
バーミキュライト6割
ウォーターワークス配合

土の原料だけ
ピートモスも田んぼの土も使わない

この物質に
おかむらさきの挿し木を
直接植える



およそ
ひと月前のことでございます。

つづく




tmkさま、ちょろくんママさま、花売り娘さま
街中おかむらさきの花穂が
ようやく収穫できました

現在乾燥中
忘れているわけではありません
ご心配なく

それから
休耕田おかむらさきの花穂をすべて
熊本の被災地に無料で送って
安眠の手伝いをしたいと思うのですが
方法が思いつきません

どなたか
素晴らしいアイデアがあれば
いやいや
素晴らしくなくてもやる気があれば
お手伝いをお願いできないでしょうか

東北の時には
私にはまだ技術が無かった
今回は
満開のおかむらさきがここにある

私の経験では
花穂を寝室で乾燥させる数日が
とにかく
安らかな眠りを誘う
何も加工しないで
そのままティッシュペーパーの上で
横たわるおかむらさきが
一番香るのですわ

私は熊本に知り合いがいません
花穂の収穫は
6月26日の予定

何かがしたい
私の出来ることで
誰かが安眠できるならば
「ラベンダー使い」としては
それだけで楽しい
楽しくなるのでございます。

どなたか
少しの勇気があれば
よろしく
お願いします。







スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
休耕田のおかむらさき・・・量が多いですよね。
ラベン玉、すごく気になっていたんですが
あのような形状なら送りやすいし、
枕元にポンと置けますね。
手をかけすぎると時間がかかりますし・・・
2016/06/16(Thu) 12:22 | URL  | 花売り娘 #oyjWsnI.[ 編集]
ご無沙汰しております。。。。
ご無沙汰しております。
最後に送っていただいた苗2つですが、なんとか枯れずに
今年も花を咲かせてくれました。
結論から言うと、保水物質(名前失念しました、、)を加えた方がひょろひょろの茎になり、何もしなかった方がしっかりした茎になっているようです。それ以外の条件は同じにしているので、違いはこれくらいか。。。
パーライトとパーミュキュラの土も試してみようかな~。
2016/06/21(Tue) 14:20 | URL  | しゃむ #0Kfz8eJg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック