構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年06月19日 (金) | 編集 |
「花が終わるからもう切るよ。」と母が
電話してきました。

イングリッシュラベンダーの花は
桜のようにあっという間に盛りを過ぎていきます。

それはそうですわねぇ。

昼間はカンカン照りの
気温30℃が普通に続いております。


はなほ


さーて
ここからが、今年の試練のスタートです。

去年よりは打つ手はありますが
自然が相手のこと
なるようにしかなりませんわねぇ。

反則技の古い魔法も用意してあります。
今年もいろいろやりまっせ。


田んぼ

もうすっかり、ただの山の田んぼです。
あの日々は写真の中だけのこと

ここはこいつらの場所に戻りました。
まずおたまじゃくしくん、チビすけです。


おたま

ほうねんえびくん
背泳ぎの名人です。


ほうねんえび

かぶとえびくん
草を食ってくれます。


かぶとえび

亀さん
田んぼに毎日散歩に来ます。
母が「日曜ぐらい休みなさい」と笑っています。


かめ

イングリッシュラベンダーを育てる先輩の皆様
私はここまで来ました。
もう少しだけ先へ行こうと思います。

おかむらさきの道は遥かですねぇ。
ゴールが見えないということは
いつまでも遊べるということですかね。


うね

瀬戸内の気候は
私が小学校の教科書で習った頃とは
激変しているようです。

帰りのフェリーから見た海も
蜃気楼のごとく幻想的です。


海

いつの日か
この島々にも、おかむらさきを咲かせてやるわい。
待っとれよ。


しま

この道しか知らないのです。
この道しか見えないのです。

自分の前にあるこの道を
おっさんラベンダーは粛々と
たまにはにこにこしながら、歩んでゆくのであります。

この項おわり
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

友たちよ
君たちが背負っているものが
とっても重かったら
たまには話を聞かせて下さい。

おっさんラベンダーはここにいます。



スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック