構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年08月02日 (火) | 編集 |


千葉の新ラベンダーズから
耕作放棄地について
質問を受けたのですが

自分でやれないことは
書けないので

私がやれることを
書き出せば
少しはヒントになるかなぁと



今回は
全部、休耕田の使い方のお話し
ベランダ組の皆様には
ごめんなさい

まず
一人でやるのが基本ですわ

農作業とは
リーダーの指示のもとで
規律正しくさっさと動く
ようなものではありません

そんなことができるのならば
大きな会社に入って
規則正しく言われたことを
やっております

私はそれが無理だと
分かったので
植物とだけ向き合っているのです

だから
草刈りはひとりでやる
その他の作業もひとりでやる

誰かに手伝ってもらえたら
それはとてもラッキーなこと

基本はひとり
ひとりでやれないことは
最初からやらない

そのかわりに
やれる方法をとにかく考える

ずーっと考え続けていると
何かが出来たりする
できなかったりもする

やれるのならばやる
無理なことは無理
最初から複数の人の動き方を
組み立てて行くのは
会社の仕事ですわ



続いては
人の動きの限界を知る

農作業で一番効率の悪い作業は
草取り、草抜きです。
野菜の栽培では
こんな方法は邪道なのでずが
これはおかむらさきの栽培

ちよっとだけ
草が取れても
全体が草ボーボーでは意味がない

とにかく
一時間がんばっても
座っている周りしか取れない

しかし
これを草刈り機で刈ると
数秒で済む
ただし
根が残っているのでまた生えるのだが
草抜きをしても
同じくらいは
また生えるのです。

そして
最初から草刈り機で刈れるような
植え方をしていないと
全く役に立たないのですわ

私が草抜きをするのは
波板の中だけにしました

その他は全部刈る
人はそんなに動けない
時間と筋肉の限界を知ること

その時間内で
自分の体力で
毎回必ずやれること

それを見つけると
自分の精度が上がっていきます
慣れるのです

自分がやれることの練度を
上げていく
大丈夫
自分がやれることなら
勝手に上達します
やれないことは
がんばっても上達しない
それなら
やれる方法を探しましょう



続いては
耕作放棄地や
休耕田は
かつてそこにあった田んぼや畑では無い

新しい管理方法が必要となります。

何も耕作しない畑を
草が生えないようにトラクターで
耕し続けるという方法は
面積に限界があります
ちょっとけだなら
可能ですが

トラクターに乗って
何時間も耕し続けるというのは
なかなか体にきつい

そして
耕しても耕しても
必ず草は生える

ここは発想の転換
草を使いましょう

まず
耕作放棄地を平らにする
でこぼこの地面では
草が刈れない
我慢して
草を刈り続けると
草が替わっていく

高い草は消えて
低い草が繁殖するようになる

こうなれば
草刈りはうんと楽になる



これは
野芝が繁殖した畑

これを刈り続けると
芝生の中に咲くおかむらさきとなります

畑の9割は野芝
1割が波板の中に育つおかむらさき

ラベンダーの管理は
この中だけにして
後は草刈りだけにしています

私にはそれが限界
草刈り機で対応できるのは
このくらいまででしょう。

さて
これ以上の面積を
管理するとしたら

ハンマーナイフモア

これを使えば
作業の方法がまたまた替わる

耕作放棄地は
草を刈って景観を保持し
草刈りの邪魔にならない場所に
波板で植物を植えるとして

後は
好みの問題

宿根植物
セージがなかなか楽しい

春から秋まで咲く品種がある



これはロシアンセージ
スカイブルーの花が長く咲く

これも波板で行ける



試した
けっこううまく行く
こうやって
植える方法はひとつにして
草刈りを基本に考えると
出来ることは広がりますわ

できることはできる
できることはやる
やっていれば誰かが見ている
同じことをやれなくても
違うことができるかも知れない

それはまず
自分がやってから
それを見ている誰かが決めること

やれることを見せよう
私の場合は
それがこのブログ

誰かが見ていて
使えるところを使ってくれる

分からないことは
誰かが
こそっと教えてくれる

最近は
よく分かる

一人で完結できる人が
方法論を見つけに
ここへ来るのだ

みんな自分を持っている
疑問を解決するために
一歩を踏み出す

大丈夫
ラベンダーズはくどくない
助けるときは助ける
自力で行けると分かれば
じっと見守る

私はこうだ
これしかできない

さぁ
何から始めよう

つづく



スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック