構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年08月05日 (金) | 編集 |


昔の写真
糸を張って波板の位置を揃えている
今から考えると
これがあったから
草刈りが無造作に出来る

無造作
何も避けなくても良い安心
草刈り機の幅に合わせたおかげ



真夏の夜の夢へようこそ
二夜目でございます



家庭菜園は楽しい らしい…

現代農業誌で読んだことが
頭を離れない

家庭菜園は楽しい
けれど 草取りが嫌だ
管理が難しい

ほぅ それでは何が楽しいのか?

収穫だ
もぎ取ることが好き
芋を掘るのが好きなのだ
農業が好きと言うのは ほとんどがこれのことらしい

だから トマトの収穫だけを
営業としている農家の記事が 頭から離れない

我々は
それが基本だと思っていれば 間違いないのだ
誰が草取りなんか 楽しいものか



家庭菜園は楽しいらしい

最近の苗は凄い
最近の肥料も凄い
最近の管理機も凄い

最新の栽培技術も品種も
すぐに手に入る

それがやりたい
ふんふん 可能だ、すぐにやれる

最初だけ我慢すると
それなりの収穫となる

食べる
おいしい

しかし 翌日もキュウリは実る
ナスもトマトも実り続ける
食べ切れないほど実る

おすそ分けは最初だけ可能だ
人はそんなに 同じ
野菜を食べ続けられない

余るのだ

さて 片方ではピーマンが足りない
トウモロコシが無い
小松菜があったらなぁ
夏の大根が少しだけ欲しかった

家庭菜園は楽しいらしい
楽しいけれど
ものすごい面積で畝を立てて
すべての草取りを続行し
たくさんの品種の作物が
同時に手に入るほど

ひとには時間が無い

その男は ふと考えた

もしかしたら 同じ作業内容で
少しずつの品種を 少しずつ植えることは出来ないのか

キュウリ、ナスは 植える時期をずらして
ずーっと食べ続けられるようにとか

草刈りは一発で済まないものだろうか

家庭菜園は 楽しいらしい

小松菜三株と こかぶ二株の種を播いて
大根は四本あれば この冬は大丈夫

白菜は三株あれば 良いかなぁ

ほうれん草は 時期をずらして 三回播こうか

うーん それをやるためには
いちいち畝を立てて 草取りをして…

その男は考えた

もしかしたら 全部同じ作業で
それらのすべては 可能ではないのかな

さらに考えた
後片付けは 波板をスポンと抜く
終了
枯れたらささっと 土を入れ替えると
連作障害は関係なし
土は畑の隅に
いくらでもある のだから

真夏の夜の夢 二夜目でございました つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック