構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2009年06月24日 (水) | 編集 |
さてさて
あのほったらかし君も気になるのです。

こんな花が咲きました。


花色

何しろほったらかしなのです。
花色にまわす栄養分が
あまりなかったのでしょう。

なんか雑草のような淡い青です。

さすがに何年もほったらかすと
ぽつぽつと咲いて
今年はもうおしまいのようです。


花色2

そんな話は聞いてないぞと言われても
しかたないのですが

隣のほったらかしグロッソは
なんか元気いっぱいに咲き始めましたわい。
よくわかりませんねぇ。


グロッソ

ラバンジンにはまた違うパワーが
あるのですかねぇ。


ぐろっそはな

去年の40℃の真夏を越えた
つわもの達です。

インプレスパープルとボゴングとグロッソは
水切れさえしなければ
ものすごく暑いぐらいじゃ枯れませんねぇ。


でも
わたしはおかむらさきをやめないのです。


ピンボケじゃ

はなのいろ


ほったらかしラベンダーは
私にとっては良き先生なのです。

肥料の限界はまだまだ見えんぞと
教えてくれます。

田んぼのおかむらさきも
また良き先生なのです。

地植えの難しさと楽しさを
人間の浅知恵から
徹底的に突き放して

びっくりする方法で教えてくれます。


ハウスのラベンダーは
いつでも私の良き先生なのです。

ちょっと間違うと
「ほーれみろ」といって
どどどっと枯れて見せます。

「悔しかったらなんとかしてみろ」といって
虫を呼んで来てくれます。


こんな先生たちから学んだことは
「何があってもめげていられるか」
ということですねぇ。

まぁ、なにごともやめなければ
ものごとは続きますから。


おぅ、おっさん
なかなかわかっとるやないか

かめ

えーっ
何を書いているのかというと

滋賀県のおかむらさきの勇者から
メールをいただきました。

「鉢植えでもこの方法は応用できますか?」

滋賀もなかなかに蒸し暑いところです。
日本にはまだまだ
常識に立ち向かう勇者がいるのですねぇ。
うれしいことです。

さて
上記の三つの環境をうまく混ぜると
答えが出てきます。
それは



つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村



びぇぇーん、かぁちゃーんどこーっ。

びぇー

かぁちゃんはもしかして

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック