構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年08月31日 (水) | 編集 |
このたびの台風で被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げます
今から始まる土砂の片づけに
心が折れるかも知れませんが
くれぐれもケガにだけは気をつけて下さい

いきなり手を切ってしまうと
その後の作業ができなくなります
もしも手に入るのならば
皮手袋を使用して指を守りましょう

ガラスも金属片も
流れて来て埋もれていますから

西日本の経験者より


2016年8月31日でございます。
夏が終わる
宿題の答えが出る頃です。

無機無肥料
鉢植えおかむらさきのお話し




5月の終わりになると
ようやくラベンダーらしくなりまして



6月に少しずつ育ち



7月になると伸び始める



7月の終わりになると
姿が変化



高さも5センチほど伸びまして
約15センチ



8月に入ると
新芽が立ち上がった
伸びて行くのだ
こんなに暑いのに徒長もせず
(ハウスの気温は41℃)
すくすくと育つ



8月15日
お盆の頃にはこうなりました

苗屋は盆には休まない
水をやって観察するのみですわ



8月22日
枝がすっきりとなる
もう立派なおかむらさきの一年坊主だ

この土のようなものは
パーライトとバーミキュライトのみ
高分子ポリマーが少し入っていて
水分を保持している
卵のカラの粉末を5gほどふりまいて
地表を厚紙で被覆する
水は切らさない

遮光列40%の日陰で
100日ほど育ててみた

それでは真夏の
答え合わせをしよう

おかむらさきは
最初から
無機の「土のようなもの」で育つ
挿し木をすぐに無機物に植えても
微量の石灰だけで育つ

さらには
石灰を使用しない場合も



バーミキュライトさえ使わなくても
育つのです。

これは
同時進行でパーライトのみ使用

アルミニウムの容器の中で
挿し木の状態のまま
育て続けたもの

これでも行けた
水だけだ
太陽光線とパーライトと水だけ

これでも
おかむらさきは育つ

ということで
「これまで」の答えは出たのです。

挿し木のおかむらさきを
無機のパーライトに植えて
無肥料で水だけやっていても
きちんと育つ
けっこう丈夫に育つ

よしよし
ここが切口となろう
鉢植えは
最初から鉢植えで始めるべきだ

ポット栽培で
わざわざ根を巻く必要は
無いらしい

あの日の約束は
ちょっとだけ果たせたかもしれん
横浜のベランダ
ゴールはそこだ

つづく


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
答え合わせ
ご無沙汰しております。鉢植えレポ、お待ちしておりました。

無機無肥料で、ゆっくり、でもすっきりとした姿に育ちましたか!!
根を巻かなくて良いというのが目からウロコです。
自力でやるのは、なかなか難しそうです。健康な挿し穂を作るところから、ですね。

こちらでは、花後に軽く剪定した長崎ラベンダー 2種類と、名の分からない「富良野のラベンダー」と札があるものがモジャモジャと生き延びて、秋の花をつけ始めています。

オカムラサキだとどうなるのか、興味深いです。
2016/08/31(Wed) 23:57 | URL  | tmkbm #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック