構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年09月06日 (火) | 編集 |
挿し木に良い季節が来た
秋になって
気温が下がり
草花の挿し木には
良い季節だ。



とは言うても
最近は
春と秋に挿し木をしないので
それなりの写真がありません

私は
樹木の挿し木は
春と秋にはしない

草花の挿し木はする

その理由
私が「園芸の苗屋」をやっていた頃には
考えもしなかったのですが

「造園の苗屋」になってから
ようやく分かったのですわ



春の終わりや
秋の初めに挿し木をすると
発根しやすい

そして
その後の生育も順調なので
苗として
販売するための時間が
短縮される

生育が順調なので
きちんと揃った苗を
出荷することができる

出荷が終わると
春なら夏がやってくる
秋なら冬がやってくる

その時には
苗はここには存在しない
ホームセンターに並んでいる

これが現実
どこがおかしい?

良い苗を良い季節に売る
誰からも文句が出ないはずだ




思っていた

どう考えても正しいのだけれど
現実はちょっと違うのだ

ここから先は
苗屋としても私と
ラベンダー使いとしての私が
たどり着いたこと

どうして
挿し木の季節に
樹木の挿し木をしてはいけないのか?

やってしまうと
何がどうなるのか?

それは…

つづく


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック