構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年10月03日 (月) | 編集 |
2016年10月2日でございます。
秋雨前線が止まらない
長雨がずーっと続く
休耕田おかむらさき
半分やられましたわ



長雨は
ラベンダーの葉を溶かして行く

対処方法は
雨除けかも知れない



露地栽培では
なかなか難しい
世田谷ラベンダーズのように
庭先で雨除けするのが
一番効果があると思いますわ



昔は
これは「疫病」だと確信していた
しかし
どうも違うらしい

葉が枯れた枝から
新芽が出る

病気で水を吸い上げる管が
詰まっていたら
それは無理なのだ

これは
ただ溶けたのではないか

秋になって少しだけ伸びた
新芽が
大量の水に溶けてしまった

いやいや
大量の雨でふやけてしまい
その後の
カンカン照りで干からびたのだろう

何というても
10月なのに
最低気温が熱帯夜25℃ほどで
最高気温は31℃、真夏日
おまけに
無風だ、風が吹かない

とっても蒸し暑い



そして
今から台風がやってくる

大きな台風が
ほぼ直撃らしい

うーん
ここから先は
潜在能力の戦いやな

生き残る力がある
おかむらさきだけが
枯れないということ



そして私には
稲刈りが待っているのだ



台風が恐ろしいなぁ

休耕田おかむらさき
段々畑おかむらさき
現在のところ
60株ほど健在でございます。

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック