構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年10月07日 (金) | 編集 |
2016年10月6日でございます。
台風がそれたので
秋雨前線のすき間を狙って
稲刈りをしました



今年の長雨で
大きな田んぼでは
コンバインが入れないらしいのですが
うちは
中山間地の小さな田んぼなので
大丈夫でしたわ




稲刈り後
三日前に観察したはずの
おかむらさきを
眺めていたら

「ほぅ、新芽が出た」

三日見ぬ間のおかむらさき
季節は
確実に動いている




枯れたと思っていた
株たちも
復活しているものがあり



人が何もしないのに
自分の力だけで
復活しようとするんだなぁと
驚いてしまいます。



草も刈って
いよいよ「秋」のおかむらさきへ

さて
そろそろ
販売予定の株を
選ぶ時期となりましたわ

ちょっとやそっとでは枯れないおかむらさき

これで
生き残っていたら
言い切ってもよいかなぁ

16日に再確認して
№を決定し
発表開始の
予定でございます。

それまでには
庭先おかむらさきの「挿し穂」予定の枝も
近況報告して

11月の再応募に
備えましょう

もう少しだけ
お待ちください


つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック