構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年12月06日 (火) | 編集 |
2016年12月4日
庭先おかむらさきを
休耕田に挿し木しました。



こんな感じですわ



まずは
いろいろと試した方法で
簡易のハウスを作りまして



ひと晩おいて
密閉の具合を確かめます。



同時に
パーライトに給水開始

今回は量が多い
各5リットルほど×4箱

これに水を吸わせる
5リットルずつ水を入れると
全部吸収した

ほぅ
なかなか凄いわ



今回は
アルミ箱とビニールの間に
5センチほど空間を作りました

この方が管理しやすい
湿度が均一になるはず




ここに
蒸散した水分が
結露して落ちる



落ちた水は
下から張ったビニールの上
土に染み込まない
さらにその下には
春になって草が簡易ハウスを
持ち上げないように
防草シートを張ってあります。



それでは
挿し木を開始しましょう。

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック