構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年12月13日 (火) | 編集 |
2016年12月11日でございます。

庭先おかむらさき
今年はせん定してさらに
挿し穂を取るために切ったら



以前の
半分以下になりました。



左上に見えるのは
密閉挿しのワインクーラー
ここにひと月あります。



太い枝が20センチほどで
残っているのが分かるでしょう。

ここから
新しい芽が出るのですが
その数は
挿し穂を取ったことで
数本に制限されている



太い枝から出る芽は
花を咲かさないように
花穂を切る

花を咲かせるのは
この短いたくさんの芽たち

こうして
最初から分けておけば
花後のせん定で
悩むことは無い

ということを
来年は試す予定でございます。

さて
うまく行くのか
失敗するのか

7月になれば
分かるのでございます。

つづく


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック