構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年01月18日 (水) | 編集 |
2017年1月18日でございます。

すっかりご無沙汰の
鉢植えおかむらさき無機無肥料版



寒中を生き抜いております。



ここまで来たら
本当のおかむらさきの育ち方が
分かってきたのかも知れん

細い
とにかく細い枝
それが硬い



大きくならない
ならないと思うのは「人」だけだろう



本当は育っている
もの凄い遅さで育っている

これに慣れるのに
時間がかかるのですわ

園芸をする人は
肥料の優位性を知ってしまっている

だから
何もしないことが「苦しい」



けれど
自らの力だけで育つおかむらさきは
無駄な伸び方をしない

この鉢には
せん定も必要なかった

このまま咲かせてみようと思います。



10カ月でこれだ
肥料をやれば10倍は育つ

それでも
もう少しだけ
観察させてもらうのでございます。



これは
20センチで挿したおかむらさき

ここまでに
何年かかるのだろう

楽しみなことでございます。

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック