構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年01月24日 (火) | 編集 |
2017年1月24日でございます。
最近は
ブログの更新が遅いなぁと
自分でも分かっております。



最近咲いているのは
ローズマリーぐらい



ラベンダーは冬眠中
いつもなら
いろいろなことを試して
あれやこれを書いているのですが

今年の目標の
「どれだけ何もしないでいられるか」
ということをやっているので

待っている
何かが変化するのを
じーっと待っている

だから
それまで書くことが無いのでわ

さっさと発根すれば
その先があるのでが
今はまだまだの状態



そこで
何か面白そうなものは無いかと
観察していると



スノードロップが
そろそろ満開らしい

まったく不思議な植物だなぁ
と感心しますわ

この寒い時期に
よくも花が咲くこと

それも
早朝の完全凍結している時間も
花は開いたまま



こんな花です
下を向いて咲く小さな花
10センチに満たない

ガランサス スノードロップ



今日の県北は大雪
一日で一メートル積ったところもあるらしい

この時間も降り続いています
150キロ先は吹雪ですわ

そしてここは「晴天」
これが瀬戸内の冬

日本海側で大雪が降ると
県北の山にぶつかって
同じように大雪となり

その山を越えるのは
乾いて冷たい空気

それが強風となって
岡山南部に吹き下ろす

だからここは
冷たい強風で乾燥するのです。

さらに
その乾いた空気は
瀬戸内海を渡り

海の水分を補給して雲となり
香川県に届く

その湿った冷たい雲が
讃岐山脈に当たり
雪となる

それを超えても
今度は四国山地があり
さらに雪となる

高知県の平野に降りるのは
冷たい風だけ

それは太平洋に向かう

瀬戸内の冬だ
春はまだ遠いけれど
紫外線は強くなった

だから
今日も
じっと待っているのでございます。

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック