構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年06月07日 (水) | 編集 |
おかむらさきの密閉挿しを
去年の10月から続けていました

挿し直すこと数回
そろそろ
気温が限界なので
完全に撤収となります。



4本発根
これでお終い



よくもよくも8カ月
生き残っていたものですわ。



それでは植え替え
挿し木に使用したパーライトに
バーミキュライトとハイドロボールを



投入して混ぜる
パーライトが
すでに湿っているので
よく混ざります
水は必要ない。



バーミキュライトは
普通の苗箱では
水をかけると流れてしまう

そこで
不織布の登場となります。



混ぜた時には
こんな感じですが



水をかけると
パーライトは浮き
ハイドロボールは沈み
バーミキュライトは下に行く

この厚さは5センチほど

深くないのです。



まずは
こちらから移植開始



今回も「無機」
そしてポットは使わない
土の厚さは5センチだけ

ここに
暑さ対策と過湿対策が
隠れているのでございます。

それは…

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック