構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年06月21日 (水) | 編集 |
2017年6月18日に
花を切りましたわ。



10日以上楽しませて
いただきました。



今年の
花後の姿はというと

適度に
すき間がある

無肥料なので
とにかく硬い



このことで
せん定は簡単になりました。
まずは
この「細い枝」を元から切って



この太い枝は
先端を間引くだけ



花を切ったら
すぐにせん定して…

というのを
今年はちっょと休んでおります。

うーん
無肥料なので
徒長はしないはずだ

だったら
真夏にも蒸れないのではないのか

うまく行けば
細い枝は勝手に乾燥して
枯れんかなぁ

ということで
今年はこのまま放置します。

涼しくなったら切る
目標は「そこ」だ、おぅっ。

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ラベンダー…奥が深いですね。只今挿し木はじめてから1ヶ月半経ちまして、2009年の挿し木の記事を拝読しました。
なんとか梅雨と夏を越して 冬には冬の姿になってもらいたいです。
2017/06/23(Fri) 21:50 | URL  | ペコ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそペコさま

挿し木は
簡単で楽しいもの
むずかしくて心が折れるもの
いろいろあります。

そして
自分の知識の中ではむずかしくても
ひっくり返して考えたら簡単になる
そんな場面もたくさんあります。

ひと月半経過しているのなら
徒長しなければ成功でしょう
立派なものです。

これからが本番の夏
硬く育ちますように
2017/06/25(Sun) 16:50 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック