構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年06月27日 (火) | 編集 |
数年前から
休耕田の草は刈っております。

草取りはしない
ひたすら刈りこむ
と…



草の種類が替わって来ました。
田んぼの草から
畑、道端の草へ

具体的には
メヒシバのような葉の細い草から
オオバコのような葉の広い草へ



これを刈ると
もう昔のように
土が見えることも無し

さらには
休耕畑を刈り続けると



数年で
完全に「野芝」の群生地となりました。



これを
定期的に刈る

始めた頃は
草取りの省力化が
目的だったのですが

ここに至り
排水と保水の両立が
出来るようになりましたわ

どんな雨でも
ぬかるみにならない
雨の日でもそこへ歩いて行ける

干ばつが続いても
日除けと保水ができる

水はけがよく
水を保つ
そんな環境が
完成しつつあるのでしょう。



そして
株まわりの土も
全部隠しております。

太陽光線に当てるのは
地上部のみ

これも最初は
草が生えないようにと
始めたことですが

根の保護という意味では
大切なことだったようです。

こんな小さな苗を
ウォーターワークスを使ったとはいえ
植えてすぐに
3週間ほどの干ばつ

それでも生き残った
地温の上昇、乾燥を
防いでくれた
ということでしょう。

地表の被覆
これはすべての植物に
応用可能なことだと
思うのでございます。

つづく

昨晩のこと
現代農業様から
原稿執筆の依頼がありましたわ
うーん
久しぶりに石灰のお話しだ
何を書こうかのぉ



スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック