構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年06月30日 (金) | 編集 |
2017年6月30日でございます。
庭先おかむらさきの葉が
黄色いなぁと



雨上がりを待って
観察しに行くと



ほら、やっぱり来た
雨が降らない
気温が高くない
という日々が続いたので



左半分がやられた
「ダニ」が繁殖しております。

ついでなので
ダニの判別方法を
お見せしましょうか。



まずは右半分
こちらは正常の葉



こちらは
ダニがいっぱいの左側

まずは黄色くなる
これは
ダニが汁を吸うので乾くから
それが進むと
葉が巻く、ねじれる

ここまで来ると
ルーペで見えます

葉の上の方
ダニがうじやうじゃおります。



それではダニ退治

ダニは薬がむずかしい
葉を食う虫の農薬は
ほとんど効果無し

ダニ専用の農薬は
価格が高い
ダニにかからなければ効かない
隠れている奴には
効果なしの場合が多い


私はどうするか?

オルトランの水和剤
粒剤は無理です
これを散布してお終い

ダニの適用は無いけれど
浸透移行性のあるオルトランは
隠れているダニも駆除します。

出来ないのは「卵」だけ
まぁ
全滅を期待しなければ
これで良い

大事なことは
早く発見し
さっさと駆除する

数日で数十倍に増えます
ご注意を

いいことばかりと
言うわけには
行かないものでございます。

つづく

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック