構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年07月17日 (月) | 編集 |
2017年7月16日でございます。
35℃の湿った風が吹く
あの夏がまたやってきました。



今年は7月から35度越え
かつて40度で雨が降らなかった
あの夏の再来かも知れない



休耕田おかむらさきは
草刈りをやめて
保水の体勢に入ります。



ラベンダーよりも
背の高い草だけを切って

地面が露出しないようにすると
乾燥と地温の上昇が抑えられます。



もちろん
それだけで何とかなるような
気候では無いので
ここで水を入れます。



私の弟が
なかなか凄い男で
今年の冬に工事をして
あっという間に水が入るようになりました。

感謝感謝



オオバコが喜んでいる
今年は何度
こうして水を入れる場面が出るのかなぁ



そうそう
今年は10年ぶりくらいに
セージをやっています。

昔は
「セージは簡単なので興味無し」と
偉そうに言うていたのですが

ちゃんとやってみたら
けっこう良いのです。

こうして花が
直立すれば
近くでも遠くでもかっこいい

真ん中はラベンダーセージ
この花がまっすぐに立っているのを
見たことが無かったので
まっすぐに立ててやろうと
試してみたのです。

メドーセージも
ボックセージも
ロシアンセージも
やっぱり立つ

なるほど
ラベンダーで苦労したことは
無駄ではなかったらしい

この方法を知りたい方は
「教えろ」とコメントしてください。

ものすごく簡単です



このくらいは直立します

つづく
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
2年ほど前に一度おじゃましました。兵庫県尼崎でラベンダーを育てています。
その時に植えた苗は、まさかの入院で枯らしてしまいましたが
リベンジで冬に買った小さな苗が、1年半、肥料をやらずに育てて
やっと咲きました。

何回買っても育たなかったラベンダーが
固い苗になって育ち、ちゃんと咲きました。
面白かったです。ありがとうございます。
これから地道に大株に育てます。

石灰の原稿も読みたいです。現代農業10月号、買ってみます。
2017/07/18(Tue) 15:05 | URL  | amocs #99DFA69w[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそamocsさま
ブログにコメントさせてもらいました。
市販のイングリッシュラベンダーを
ここまで鍛えるのは
たいへんな辛抱が必要だったことでしょう。

おかげさまで
前例が出来ました。
誰かが試すことでしょう。

勝手ながら
リンクさせてもらいます
またおいで下さい
2017/07/19(Wed) 18:41 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック