構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年07月18日 (火) | 編集 |
現代農業という
月刊誌がありまして
その原稿を書いていました。
10月号に掲載予定です。



書き終えてから
実家の休耕田で確認しました。

なるほど
そういうことだったのか

三年目の花を咲かせ過ぎたこと
このせん定の方法は不正解だということ
今までの何もかも
すべてはこ時のためにあったらしい

垣間見えたものは
栽培の原典、今まで考えもしなかったこと

ここがこう間違っていた
ここを修正すれば…

そういうことでは無い

全てを説明することは出来ないと
思っていたのですが

ラベンダーとは何かを
説明できる「ことば」が見つかりました。

この先を書いてしまうと
石灰の話のネタばれになってしまうので
現代農業10月号が
発売されるまで書き溜め

記事の補足として発信することにします。

どんな話なのかというと
それはまるで
スタートレックネクストジェレネーションの
最終話のような

うーん
これで分かった人は凄いわ
さて、書こう
ラベンダーとは
おかむらさきとは
「こういうことだったのだ」
ということを。

つづく



セージの話はいかがでしょうか。お待ちしております。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック