構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年07月27日 (木) | 編集 |
2017年7月27日でございます。



鉢植えで無機栽培を続けると
いつか限界が来ると
思っていたのです。



それでも
ずーっと我慢して
1年半が過ぎました。

先週まではそうでも無かったのに
今週になって
そろそろ限界が近いような
そんな枝になりつつあります。

葉の色が淡い緑から
茶色に近くなって来た

これは
真夏の日差しで焼けたと
考えるのが普通なのですが

この株には石灰もチッソも
与えていない

それでも
パーライトとバーミキュライトとハイドロボールだけで
ここまでは生き延びて来た

最初だけ
無機が理解できなかったので
有機石灰を5gほどやったけれど

それ以降は水だけ
そしてとうとう限界らしい

500日というところか
逆に考えれば
一年半は無肥料の方が
おかむらさきは元気ということだ

よしよし
ここまで我慢した

この時点で
有機石灰を5g追肥すると
どうなるのか?

さぁ始めようか

つづく



スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック