構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年09月08日 (金) | 編集 |


現代農業10月号に記事を書いたのです。

久しぶりに言葉を練って
それを編んで、書くという作業に
緊張してしまった

自分勝手に書くブログとは
ちょっと違う
校正が入ると
誤字だらけが恥ずかしいものです。



恥ずかしいけれど
こうやって
読み返してみると
ようやく書ける気がして来た。

今の私が書く
「真説香川県でおかむらさきを咲かせる方法」
のようなものが。



全てはここから始まった
20年前の私は
これを必死で真似たのだ。



これと



これもだ

そして分かった
本は正しい
環境が間違っている

そう書いてから
何年が経ったのだろう

今なら書ける気がする
環境が間違っている
だからどうした

間違っている環境で
正しく育てる方法を見つければ良い
今ならその方法を
書ける気がするのだ。




その証拠のひとつ
私の仕事場だ

今年の写真です
最高気温40℃
最低気温25℃以上が続く
日除け無しのハウスで
育てましたわ

まるで6月のラベンダーのように
平気な顔で真夏を超えられた
けっこう良い苗となりました。

もう分かった
この方法で良いのだ



ローズマリーも行ける



デンタータラベンダーも行ける



スイートラベンダーも行ける



一年坊主の立つタイプのローズマリーも
ふにやふにゃにならない
ちゃんと直立して真夏を超える

これで良いらしい

これを語ろう
おかむらさきを育てる言葉を練り
おかむらさきを育てる言葉を編み
おかむらさきを育てる言葉を書く

栽培方法に正解は無いと思う
明日には
誰かが新しい方法を探し出す

人に出来ることは
ひとつだけだ

昨日の自分より
少しだけ前に行く

昨日の失敗を
今日は繰り返さない
新しい方法を試す

それが失敗しても
次へ進む

私は20年の失敗の途中です
それでも
今なら書けそうな気がする

始めます
「真説香川県でおかむらさきを咲かせる方法」

つづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
すばらしい!
さすがハーブ仕事人!
ポッドの苗の姿形が美しいです!
ラベンダーもローズマリーも素敵な苗がたくさんで羨ましいです。
2017/09/09(Sat) 13:19 | URL  | 香草生活 #EBUSheBA[ 編集]
Re: すばらしい!
ようこそ香草生活様

いろいろお世話になりましたが
何とか貼り付けましたわ
ありがとうございました

この苗は
真夏に作るのが難しいのですが
やれないことは無いということが
証明されたので

私にはそちらの方がうれしい
たくさん作ってたくさん枯らすよりも
きちんと作って全部使うことが
苗屋には大事なのです。
2017/09/10(Sun) 20:15 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
ご無沙汰しております。
昨年11月にあんなにガッチリした株を送っていただいたのに、夏を越して瀕死の鉢植えオカムラサキ@横浜です。
枝先にはまだ緑色が残り、生きていると信じていますが、枝という枝が真っ黒になり、いかにも頼りないです。
隣の長崎ラベンダーは青々と元気なのに。
長雨がいけなかったのか、45センチの素焼き鉢がいけなかったのか。
株元から小さな新芽がのぞいているのが希望です。

達人の素晴らしい苗と見比べ、あの充実した株をこんなにしてしまい、申し訳ないやら悲しいやら、です。
2017/09/10(Sun) 21:15 | URL  | tmtm #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそtmtmさま

大丈夫
初心者が最初からうまくいったら
私は立場が無いのですわ

枯らしたら交換しますというのは
こういうことでした。

よくぞ生き残った
今年の関東は最悪の環境だったはず

秋になったら復活します
しなかったら連絡してください

これは
普通のことですから
2017/09/11(Mon) 19:22 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック