構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年09月14日 (木) | 編集 |
鉢植えの土は
外気温に影響されます。

冬は冷たく
夏は暑い
そして
猛暑は熱くなる



40℃の外気温の中で
真夏を過ごすために

以前は
「土」に保水性を持たせれば
何とかなるのでは
ないかと考えて
いろいろとやってみた。

どうにもならない

保水性のある「土」は
熱も保存するのですわ

40℃の地温にはならなくても
有機物が分解を進めるには
充分な温度となります。

ここに
石灰を投入すると
さらに分解が進み

秋になってから
突然枯れ始めます。



どうして
秋になってから枯れ始めるのかが
分からなかったのですが

おさらいを終えたら
理解できました。

分解した有機物が
チッソを放出して
おかむらさきに
栄養が蓄積される

真夏は暑いので
保水のためにも成長しない
それでも水を切らさないと
少しだけ伸びたりする。

そこで
今年は石灰を使わない方法を
試してみた。

すると
夏はずーっと硬くて白いまま

そして
秋の気配と共に
何もしないのに成長が始まった。

その証拠に
上記の写真は
一年以上無肥料無石灰だ



ただし
土は水冷だ

有機物は入れなかった
パーライト、バーミキュライト、ハイドロボールだけ
ダイソーでまとめて324円

これに植えると
草は生えない
すべて工業製品

この土のようなものに
水をかけ続けた

乾燥気味にはしないで
毎日毎日土砂降りだったのですわ。



せめてもの抵抗は
蒸散防止のために
白い紙を敷き詰めた

これがおかむらさきの
「水冷」栽培です。

毎日
水をかけ続ければ
この
保水しない土のようなものの
すき間に
水がしばらくの間
留まる

それが蒸発することで
気化熱によって(根)を冷やす

そんなことが可能なのかと
やってみたら
生き残ったのですわ

この方法で分かったことは
おかむらさきは
秋になったら勝手に伸びる、育つということ

肥料も石灰も関係なく
気温の変化で成長が始まるのです。

これを知らないで
真夏に株が痛んでいると考えて
ちっょとだけ
肥料を与えたりすると

その肥料分の成長に加えて
秋の成長が始まるのです。

だから
秋になったら枯れ始める
伸び過ぎて徒長する
柔らかくなって疫病が来る
虫が食う

だから鉢植えには
有機物は使えない

実際にやってみたら
ダニは来ないし
草も生えない

さすがに石灰岩の崖を
登って行った強者だ

水と二酸化炭素だけで…

いやいや
ひとつ大事なことを
書き忘れていたのですわ。

どんなに暑くても
日除けをしないで
直射日光を浴びせる必要があるのです。

徒長の防止と
光合成のため
さらには
水冷のためにも
どんどん乾燥させる必要がある

これが水冷栽培の方法です。

ラベンダーは
瀬戸内の寒さでは絶対に枯れない
真夏に枯れるのです。

だから
真夏さえ乗り越えれば
生き続ける

生き続ければ
いつかは大きく育つ

大きく育てば
花は咲くのでございます。

つづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ローズマリーの過去記事
こんにちは!
そちらの過去記事を参考書がわりにちょくちょく拝見させていただいております。
岩部さんは、もはや「ハーブ教授」とでも呼びたいくらい、尊敬に値する人物です。
昨日、鉢買いついでにHCでローズマリーレックスを買ってきました。ハーブ秋苗が入荷してるかと覗いたところレックスがあり、この種はまだ未経験でしたので買ってみました。
過去に見たWEB一般情報では「葉が大きく剛健。地植も容易で手がかからない」とありましたが、そちらのローズマリー過去記事(2009年)では「寒さに弱い。葉が丸裸」とあり、やはり巷の一般情報は当てにならんなと。
それにしてもハウス内の全苗が直立して並ぶさまは壮観ですね。花がなくてもあの緑の立ち姿は本当に美しく感じます。
2017/09/19(Tue) 11:59 | URL  | 香草生活 #EBUSheBA[ 編集]
Re: ローズマリーの過去記事
ようこそ香草生活さま

かつて失敗したことを
ほめていただき恐縮です。

痛い目を見ると
人は少しだけ学ぶということです。

レックスは
最初の成長が素晴らしいのですが
それはほぼ徒長です。

葉が広いので
茂ると日陰になりダニが来ます
突然一部の葉が枯れ込みます
これは細菌による病気です

これを見越して
栽培すると
対応が速くなります。

うまく育てると
2メートルくらいには
なるでしょう。

こんなことを書く生産者はいないでしょうが
私の経験ではこうなのでございます。





2017/09/19(Tue) 19:13 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック