構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年09月22日 (金) | 編集 |
植物は動物には無い
特殊な能力を持つのです。

自分の力では
動けないので
その場所に適応する能力
環境適応能力



私はそれを利用して
休耕田でおかむらさきを
育てようとしていたのですわ

なかなか
うまくは行かないけれど
どういうことかは
ちょっとだけ分かった

飢餓は
植物を鍛える

無肥料は
徹底しなければ
意味が無い

まずは
おかむらさきを
無肥料無石灰で1年育てます。

すると
「ここには肥料が無い、誰もくれない」と
その株が
認識するとでも
言いましょうか

どう考えても
成長するはずが無いのに
光合成の力が増すのか
それとも
これが普通なのか

じっくりと大きくなります。



1年で20センチ
昔なら
「うわっ、チッソ欠乏や」と
化成肥料をふりまいて…

それを我慢して
無肥料をつらぬくと
約1年かけて
その潜在能力は
開花するようです。

まず
水をかけ続けることで
過湿に強くなり
水がすぐに切れるので
乾燥にも強くなる

いきなり
大きく育たないので
細胞が密になり
病気に強くなる

強く育つ

人は何もしない
というか
邪魔をするのだ

すると
おかむらさきは
枯れない

さぁて
ここまで観察すると
今まで信じていたあることが
突然
分からなくなってきますわ

それでは
「肥料」とは何なのか?

私はこう考えます
それは…

つづく




ラベンダーズの皆様へ
ご報告です。

朝倉市の仮設住宅へ
おかむらさきのサシエを送ろう作戦は
現代農業九州沖縄支部のご協力を得て
朝倉市の仮設住宅にお住いの
現代農業の読者様まで
連絡が届きました。

直接の
ご協力をいただいた皆様と
ブログを読むことで
ご声援をいただいた皆様のおかげです。

ここから
現実にサシエの発送となっていきます
あきらめなければ
何とかなる

全てに感謝
ありがとうございました
もう少しだけ
気を抜かないで
がんばりましょう、おぅっ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
感動しました
大変ご無沙汰していますが、時々拝見しております。
今回のお話、とくに
>無肥料は徹底しなければ意味が無い
>人は何もしない というか 邪魔をするのだ
には、ハッとさせられました。

私なりに、ベランダという過酷な環境に合うように
ハーブを育てているつもりでしたが、
我慢できずに「邪魔」してしまうことがしょっちゅうです。
ハーブの力を信じていないのだな、と思い至りました。
また勉強させてください。
ありがとうございました。
2017/09/25(Mon) 19:58 | URL  | meryem #-[ 編集]
Re: 感動しました
ようこそmeryemさま

失敗は様々なことを教えてくれます。

かつて
奇跡のリンゴのお話が広まった頃
本を買ってよく読んでみたら
自分が思っていることと
同じだったので
びっくりした記憶があります。

植物は
氷河期を経験してきた強者なのです。
人がその本質を知るには
まだまだ長い時間が
かかることでしょう。

またおいで下さい


2017/09/26(Tue) 21:00 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック