構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年09月25日 (月) | 編集 |
2017年9月24日でございます。



休耕田おかむらさきの
お話は
真説編が終わってからと
思っていたのですが

日曜日に
せん定をしようと
休耕田に入ったら

今まで全く気が付かなかったことが
判明してしまったので

ちっょと書き止めておきますわ

うーん
ものごとはものの見方
何処からどう眺めるかで
全然違うのだなぁと
言うお話でございます。



この物語は
乾燥防止と排水のため
休耕田のおかむらさきの栽培に
真夏に草を生やすという
方法をやっているおっさんと



どこかに
環境の良い住みかは無いかと
土の中を掘り続ける
モグラが
(写真はお借りしました)



共通する環境を
偶然にも探し出して
ひとりは
長年かけて育てた苗を枯らし

ひとりは
最適な環境で
過ごす



おっさんはモグラのために
その環境を整えていたらしいと

何ともあほのような
お話でございます。



もぐらは
土の中を進む

おっさんは土を盛り上げる
石灰を入れる
有機物が分解する

3年で
高さ15センチの
粘土の塔がたくさん建つ



何ということか
全部だ

全部の古い株に
モグラの穴がある



そして
全部枯れた

5株というところか
モグラの穴が5つもあると
うんざりしますわ

よくよく考えてみる

うーん
モグラ側から読み解くか

まずは
土が硬くなる
有機物が分解されて
しまるからだ。

これは柔らかくて
掘りやすい
粘土質になっているので
穴が崩れにくい

地上15センチにあるので
浸水しにくい

地表は
竹や布で覆われているので
外敵から狙われない

ということで
もぐらくんは
古い株を狙って
穴を掘るのでした。

何事も
ものの見方だ

こうやれば
こうなる
自分勝手な考えだけでは
たどり着けないこともある

今回は
モグラの勝ちだ
私は完敗

なるほど
よしよし
方法は必ずある

こんなことがあるのだ
自然に近くなれば
モグラにも近づくのだ

人の匂いが薄くなれば
動物が近くなるのだ

自然は凄い
恐ろしいわ

教訓
三年も放置してはいけない
人の匂いを付けよう
何かをしよう

反省してつづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
当てはまるところがあります(T^T)
モグラめ……
2017/09/25(Mon) 22:09 | URL  | 花売り娘 #oyjWsnI.[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ花売り娘様

獣は恐ろしい
知らぬ間に穴だらけでしたわ

2017/09/26(Tue) 21:07 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック