構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年09月29日 (金) | 編集 |
それは思い込み
土は肥えていないといけない
植物は早く大きくしなければならない

という
我ら日本人の思い込みです。



野菜を育てる工程を
なんとなく覚えているのですわ

だから
有機栽培とか
無農薬と聞くと
「土作りをがんばっているんだ」と
思うのです。



実際はちょっと違います
肥料のやり過ぎで

ジャガイモや玉ねぎは貯蔵性が悪くなり

トマトは実らない
キャベツは腐り
キュウリはすぐに実り疲れる

有機肥料はさらに
取り扱いが難しいので
ちっょと過ぎると
虫だらけとなります。

上記の写真はお借りしました。



このように
植物に肥料を与えるということは

ブレーキの無い自動走行
プログラムの変更が効かない云々
今までは
そういったことを表現する適切な「ことば」が
見つからなかったのですが

最近になって
ぴったりのたとえが見つかりました。

肥料をふるとことは
ひとりカーリングなのです。

最初に決めた量は変更不可能で
動き始めたらブレーキは無い

行き過ぎたら
ゴールの向こうへ
まっ逆さまに落ちる

だから
野菜の栽培には
適量肥料の使い方とか
その品種専用の肥料など
いろいろな資材と資料が
存在するのです。

さらには
その地方独特の気候に合わせた
栽培方法が確立されているので
プロの農家が存在する限り
これらのことは心配無し



問題はこちらだ

近年になって普及し始めた植物たち
例えばハーブ類

これらを
野菜の栽培に合わせて
やっていることが多い

それは
よくよく考えれば
絶対に
無理なのですが
誰もそれを言わないのですわ。



メキシカンブッシュセージレウカンサは
道端に植えるときちんと育ち
畑に植えるとぶっ倒れる
だから
紐で縛っているのを見かけることが多い

これは
どういうことかというと

瀬戸内の気候では
このセージは宿根植物になっている
もっと北の地方では
冬に枯れてしまうかも知れない

宿根ということは
一年中、生存しているということだ。

そして
道端で
無肥料で行けるということは
畑の肥料分こそが
ぶっ倒れる原因だということだ。

成長のし過ぎ
これを調整するための
無肥料栽培が
瀬戸内の
メキシカンブッシュセージレウカンサでは成功する

それでは
チェリーセージでは
ローズマリーでは
タイムではどうなのか?

つまりは
そういうことなのです。

近年になって
普及し始めた植物は
誰も
その地区での指針を示していない
やってみないと分からない
やってみても分からないのですわ

分からないのに
思い込みだけはある

土は肥えていないといけない
植物は早く大きくしなければならない

私もそうだったので
よく分かる

まずはこれを
越えていきましょうか。

つづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
そういえばうちのローズマリー、ほぼ水だけで
鉢植えで何年も生きてます。
食用なので、花を咲かそうとも思わないし
少しあれば十分なので大きくしようとも思わないので
手をかけてませんが、元気です。

本日、クロネコヤマトの宅急便で発送完了しました。
岩部さんからのお届けものですということと
紹介してくださった方のお名前を、念のため書き添えました。

HPを見たら火曜定休とあったので
今はどういう状況かはわかりませんが、明日の土曜日着で送りました。
2017/09/29(Fri) 22:15 | URL  | amocs #99DFA69w[ 編集]
うちのラベンダーの畑も
ラベンダーを植えてからは
肥料をやってません。
そろそろ無肥料の畑になってるんでしょうか?
一応、大型セージも倒れずにすんでます(*^.^*)
2017/09/30(Sat) 22:29 | URL  | 花売り娘 #swExAQns[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそamocsさま

自分の力だけで毎年生き延びている植物には
余計なことをしない

それが普通に出来たら
凄いんだろうなぁと思いますわ

私はいつも要らぬことばかりする
少しは凝りようと思います。



2017/10/04(Wed) 20:06 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ花売り娘さま

田んぼの草取り
いつもご苦労様です。

野菜があれだけ出来るということは
よく肥えた土地なのでしょう。
真夏に
水か切れないというのは
うらやましい限りですわ

そちらへ行く機会があれば
見物させてもらいますので
ご容赦ください。


2017/10/04(Wed) 20:28 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック