構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年10月10日 (火) | 編集 |
おかむらさきを植えるのに
宅地の庭先は
最適の場所なのです。



だからと言って
調子に乗ると
伸び放題となります。

これは2016年の5月末の写真

今から考えると
これをやってはいけません



これは2017年の6月初め

おかむらさきは
この程度にしておかないと
長年楽しむことが出来ないようです。

せん定をしては
強い枝を出して花を増やし

また強いせん定をして
翌年の花の数を増やして

というのは
人の勝手であって

何もしなくても
おかむらさきは毎年
少しずつ枝が太くなって行く

太い枝には
たくさんの枝が伸びて
たくさんの花が咲く

その花が終わったら
細い枝は勝手に枯れてくれないかなぁと

只今
放置試験中でございます。

宅地は荒野の荒れ地と同じ
ひたすらに硬い地面に
細い根が食い込む時

おかむらさきは
その潜在能力を
開花させるのでございます。

何よりも
鉢植えよりも
根が伸びて行ける場所が広いのに

鉢植えのように
水を切らさないことが出来る
人がいつも見ている
いつでも水をやれる

これが大きい

真夏の干ばつが
心配無いので

鉢植えよりも
露地植えよりも
成功の確率が高い

それでは
実際の植え方を…

つづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック