構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年10月30日 (月) | 編集 |
これは私の覚え書きです。

まずは
根が後から出て
地上部を支えるというお話

これはどこから
引っ張り出した考えかというと

野生のナデシコです。
彼女たちは
私の実家では
傾斜地に育つのですわ

野生のナデシコは
とにかく伸びて倒れます。
無肥料でも伸びて倒れる
傾斜地なので当然なのです。

そして
倒れた茎が発根して
地上部を支える

斜めになった茎からは
たくさんの花芽を持った
脇芽が
直立して咲く

これが普通なのだ
ということは
こういう育ち方をする植物は
普通に存在するのだ

ラベンダー
石灰岩の崖に育つ

野生のものは
種で増える

同じことが可能なんじゃないかなぁ

傾斜地に植えるまでは
まだ
私の技術が届いていないけれど

伸びた茎を土に埋めるのは
やれないことは無い

ということで
実際にやってみたら
根の数が増えた

観察とまでは行かなくても
どうしてそうなのか
よく見て知っておけば
いつかは役に立つ

そんな覚え書きで
ございます。




にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんばんは、
菊も倒れた茎が発根して
地上部を支えますよね。

我畑の小菊、今年は支柱で支えることをしなかったら
風で茎が折れ倒れているのに花が咲き、
どういうこと?と見たら発根し支えていたんです。
茎は90度直立し、見ていて飽きません。
花も葉っぱも太陽を求めそちらを向く。
不思議というか、何もかもが上手いこと出来ているなと
感心しました。
2017/10/30(Mon) 21:24 | URL  | おばっち #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそおばっちさま

昔々
現代農業に載っていた
カーネーションのぶっ倒し栽培が
私の記憶に残っていたのですわ

肥料を与えることを
前提とすると
せん定作業が必要となる

無肥料なら
無駄な枝は出ない
必然として倒れる
根が出る

そんなことを
実践してみたら
面白いやろうなぁと
思うのでございます。
2017/11/01(Wed) 21:28 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック