FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年11月21日 (火) | 編集 |
読めましたか?
きぬかつぎ

私はこの季節になると
こればっかり食べています。



里芋の孫芋の子
ひ孫芋くらいのものを
皮付きのまま過熱して
皮をむきむき食べる

これは
賞味期間が極端に短い

流通させると
あっという間に乾くので無理

取ったらすぐに食うものですわ

私の実家は
香川県の中山間地
上流には民家も畑も田んぼも無い
流れてくるのは
讃岐山脈の超軟水
うどんの秘訣だ

栽培するのは
昔は田んぼだった畑
さらに
真夏の高温時にも
水を切らさない栽培

これで
しっとりとしながら
歯ごたえもある
里芋となります。



このぐらいが
一番うまい

冷めてもなおうまい

今宵もビールと共に
楽しむと
内臓のお掃除となりまして
おなかがへこむという
何とも素晴らしい食べ物なので
ございます。

今回は試し掘り
全部掘るのは再来週くらい

里芋は
葉が全部枯れてから
芋が太る

しっかりと熟した里芋は
成長する力が詰まった
ひ孫芋こそが
おいしくなるので
ございます。

欲しかったらご連絡下さい
送料込みでご相談ですわ

本日はおかむらさきは
出番無し


にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック