FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2018年01月31日 (水) | 編集 |
植物を育てることと
農業は同じではない

林業も
造園業も
漁業さえも木を植える



私が考える農業とは

植えて
育てて
収穫すること

それを現金に換えたり
自分で食べたりすること

だから農業とは
野菜と果実と花と家畜のことだ

樹木はちょっと違うらしい

野菜の中には
芋づるとか野菜苗とか
花苗も含まれるだろうが
今回のお話しでは
別格としておきます。

上記の「農業」に
共通することは

肥料やえさを与えることで
自然界では存在しない
大きさを作り上げて

さらには
人の技術と
様々な資材によって
栽培期間を短縮し

確実に
収穫するということですわ



そのためには
野菜も果実も花も
肥料を与えて
肥大させる必要があります

自然界の大きさでは
売ることも食べることも
出来ない

つまり
徒長肥大こそが
農業の本質ということです。

ほら
野菜から
植物を育てるという世界に入ると
人には
これが基本となっている

樹木から入れば
少しは違うはずたけれど
大差は無いか

これは「農業」だけに通じる
栽培方法なのです。



何を
長々と書いているのかというと

おかむらさきは農業では育たない
おかむらさきは林業でもちょっと無理だ
それでは
何がそれを邪魔しているのか

農業では必須となる
チッソは樹木に何をするのか?

ようやく分かりかけて
来たのでございます。

つづく




にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック