FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2018年02月12日 (月) | 編集 |
挿し木に使う枝には
充実した新芽が良いと
専門書には書かれているので

おかむらさきを挿す時も
そういうことだろうと
実践してきたのですわ



ここから先に書くことは

今までの私が
苗屋として
「苗の大量生産」のため
いかに
その充実した挿し穂を
確保してきたのか
という
お話ですが

今から考えると
それこそが間違いの
始まりだったのでは無いのか

それでは
その「方法」を
ご紹介しましょう。



いちばん上の写真は
2018年2月12日
すっかり冬の姿で
挿し穂が縮んで固まっている

下の写真は
2017年10月の庭先おかむらさき
こちらはまだ
新芽がぷくぷくと張っていて
緑も濃い



毎年10月になると
こんな新芽が出てくるのてすわ

だから
これこそが
「真夏を乗り越えて、よく充実した新芽」
だと

外見から判断して
挿し穂として使ってきたのです。

ところが
発根する枝と発根しない枝が
どうしても混在する

人が見ただけでは
分からない何かがあるのだろう

そこで
園芸をかじった者としては
こういうことをするのです。

春先に
充実した硬い新芽を
たくさん手に入れるために

短くせん定して
適度な肥料を与える


つづく

生産者としては
間違っていないことが
おかむらさきの生育としては
大きな問題となる

これを克服する方法とは…




にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック