FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2018年02月21日 (水) | 編集 |
3日で1000本ほど
パーライトに挿し木した。

正確には
パーライトに並べたのですわ

これで発根したら
4月頃に
詳細に書きましょう。

この方法が使えるのなら
今までの三倍速で行けます。




こんなことをしている時が
いちばんワクワクするのです。

今年も
もうすぐ春が来る

つづく


にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
真似してラバンジンを挿してみました。
去年、有機石灰で伸びたので、やはり伸びた枝は枯れっぽいですが
銀灰色で中心だけわずかに緑の残る枝を、ほんの2本ばかり。
例の、パーライト、ハイドロ、バーミキュライトの混合で。
挿し芽ですから、水は切らさないほうがいいのですよね?
クレマチスの挿し芽なら腰水ですが。

おかむらさきは元気なのだと思います。
他のもたぶん元気です。
2018/02/22(Thu) 17:43 | URL  | amocs #99DFA69w[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそamocsさま
私は今回
挿し穂をパーライトに挿して
不織布をかけ
その上からビニールをかけています

これだと
水の管理は必要ない
挿し穂は湿り気味で
パーライトはそれほどざぶざぶでもない

このまま2カ月ほど
行けたら良いなぁと
勝手なことを思っております。
2018/02/22(Thu) 19:36 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック