FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2018年03月26日 (月) | 編集 |
いつの日にか
これを手にすることがあるのだろうかと
思い続けていた挿し木苗が

ここにあります。



これはラバンジン
「挿し芽は発根する」というのは
30年前から知っていたし
仕事でやっていたのですわ

しかし
挿し芽は柔らかく
梅雨と夏を超えるのが
なかなか難しい

そこで
「木」を挿して発根できれば
硬いままで
夏を超えられるのではないかと



ずーっと試していました。

硬い木は
なかなか発根してくれないのですが

ようやく
「それ」がここにあります。



年輪のある枝の
節間を挿して
発根させること




どうやら成功したようです

これで
ラベンダーは格段に育てやすくなった

何というても
「木」の節間から
根が出ているのですわ

このまま植えたら
何もする必要が無い

せん定は必要無くなった
最初から
枝はたくさんある

いつの日か
「挿し木」とはこういうことだと
書いてやろうと
ずーっと
こだわっておりまして

この度
こうやって
書かせてもらっております。

挿し芽はやさしいが
その後の管理はむずかしい

挿し木はむずかしいが
その後の管理は簡単

草花は挿し芽をお勧めし

ラベンダーは
挿し木をお勧めするので
ございます。

つづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック