FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2018年04月09日 (月) | 編集 |
2018年4月9日でございます。



無肥料のまま
何度も冷凍された庭先おかむらさきが



いつものように
芽吹きました。

何も変わらない
もしかしたら
何かが違うのかも知れない

今は分かりませんわ
ただ
今年はいつもの年よりも
凍結した時間が長かった
そして
芽吹くのは早かったのです。



こちらは
その枝たち

他のおかむらさきとは
違う方法で
挿し木をしていたのですが
ようやく発根しました。




そして
ずーっと公開している
挿し木のおかむらさき達

今度は
これが発根した
まさかと思っていたが
ほんとに木から根が出ました。



その他も
どんどん発根し



ほぼ
葉が無い枝も発根



絶対に無理なはずだと
比較用に挿していた枝も発根



そして
ある方法を取った挿し木は
ラバンジンでも
まだ発根せず



カルスは巻いている
発根はまだしない

なるほど
こちらは
いつもの挿し木だ
仕事でやっている方法だ

地温を上げれば
すぐに発根するやつだ

おまけに
この挿し穂はハウス内で取ったもの

植物が凍ると
秘められた力が
発揮されるのでは無いかと
試していたのですが

どうやら答えが出たようです。

まず
肥料を与えて育てたラベンダーは
今年の冬を超えられなかった
無肥料のラベンダーは
生き残った枝が存在した

この挿し木には
それを使用したのですわ

全てはつながっている

無肥料が
植物の潜在能力を引き出し
冷凍が
植物の生存能力を強化する

どちらが欠けても
それは成立しない

そんなことを考えている
この頃でございます。

もう少し分かったら
この挿し木の方法を
公開しようと
企んでおります、わはは

つづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
なるほど!勉強になります!
師匠こんにちは。
無肥料と冷凍ですか!!
この記事を読んで、私のネズミのような脳みそでもピピッと来たものがあります。
いつも貴重な情報感謝いたします!
2018/04/10(Tue) 12:08 | URL  | 香草生活 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック