構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2018年07月09日 (月) | 編集 |
2018年7月9日でございます。
ご心配をかけましたが
私は健在、被害はありませんでした。

真備も総社も
若い頃によく行った場所
あまりにも近過ぎて
まだピンと来ないのです。


ご冥福と
お見舞い申し上げます。



豪雨の後の
庭先おかむらさき
こちらも健在ですが



葉の色が黄色くなった
というよりも
茶色になった

これは
葉の成分が溶けて流れ去ったから

昔は
それが分からなくて
病気かダニだと思っていた。



この対処法は
前に書いたとおり

何もしない
この葉はいずれ落ちる

それまでは新芽たちの
日除けになってもらおう



これも
無肥料の効果
あれほどの雨でも
蒸れるようなことは無いのだ



本当に
必要な葉はこれだけ

この新芽が
冬までに大きく育ち
今ある大きな葉は落ちるのだ

だから
黄色い葉を悩むことは無い
農薬をやっても
何の効果も無いのだから



本当にダニが来たら
葉の裏がブツブツになり
クルクルと巻き
新芽も枯れる

雨が降らないと
ダニは生き残って増えるので
私はもう
雨除けは
しなくなりました。

そして
本日が「梅雨明け」
さぁ
真夏がそこまで来ている

つづく


にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック